10月27日(日)「失語症のある人へのコミュニケーション支援セミナー」(戸畑)のご紹介

失語症に関するセミナーが開催されます。
「あんど」の言語聴覚士が講師を務めます。
失語症について理解を深めたい方、ぜひご参加下さい!

2019年10月27日(日曜)10時~13時
「失語症のある人へのコミュニケーション支援セミナー」

ご案内は「北九州市身体障害者福祉協会」HPにアップされています。
http://www.kitaqshinsyo.com/
  ↑ページの「お知らせ」にあります。クリックすると詳細表示されます
http://www.kitaqshinsyo.com/index.php?id=10&tx_ttnews%5Btt_news%5D=371&cHash=a47c1ba268bea7894a20bfd8415e37fb   

2019年9月8日 北九州9月例会&交流会

9月の交流会の様子をお伝えします。

ゲームは、「夏の甲子園の結果発表」でした。
8月のゲームで、九州・中国勢(海星、熊本工業、神村学園、岡山学芸館、宇部鴻城)の中から一位を予想し、9月はその答え合わせを予定していました。
しかし、5校とも初戦は勝ち、2戦目で負けてしまったので、順位がつけられませんでした。
そこで、「今年の夏の甲子園の優勝校はどこ?」、皆さんと一緒に振り返りました。
正解は、履正社(大阪)です。初優勝でした!!

テーマトークは、消費税アップに向けて「節約の工夫」について話しました。
まず、司会担当の会話パートナーさんが「3%、5%、8%、10%、なんでしょう?」と尋ねます。
テーマトークでは、皆さんが班で話す前にテーマをイメージしやすいように、司会者の『前置き=導入トーク』があります。
皆さんすぐにピンときて「消費税!」と返答していました。

2019年8月11日 北九州8月例会&交流会

暑い毎日が続きます。お元気ですか?
お盆の帰省ラッシュが始まり、駅や道路は混雑していましたが
皆さん無事に集まりました。

ゲームは「夏の甲子園 九州勢上位予想!」
 今日は大会6日目。昨日までに九州勢は残念ながら半分敗退。
 そして午前中に福岡の筑陽学園高校(春はベスト8!)が惜しくも延長で負けました。

 司会の会話パートナーさんのアイデアで、
 中国地方も入れての5校で上位予想をしました
  本州から 岡山学芸館(岡山)、宇部鴻城(山口)、
  九州から 海星(長崎)、熊本工業(熊本)、神村学園(鹿児島)
 1番人気は熊本工業でしたが、5校全てに予想(応援)票が入りました。
 猛暑のなか頑張る人たちを応援したいと思います。 
 9月の結果発表をお楽しみに。

2019年7月14日 北九州7月例会&交流会

7月の交流会の様子をお届けします。
北九州の病院からSTさんが2名見学に来てくださいました。

ゲームは、介護予防体操(きたきゅう体操)をしました。
*********************************
きたきゅう体操について 北九州市のホームページより抜粋

高知の「いきいき百歳体操」を参考に、リハビリテーション専門家の助言のもと、独自の動きを加えて北九州市の「介護予防体操」として開発しました。
北九州市民にとって、身近な健康づくりの体操となるよう親しみを込めて『きたきゅう体操』という愛称で呼んでいます。
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/ho-huku/17200020.html
*********************************
交流会では、椅子に座って、首のストレッチや身体をひねる運動、腕の運動を15分ほど行いました。
ゆったりとした音楽を聞きながらの体操だったで、とても心地がよく、体操のあとは体がスッキリしました。

2019年6月9日 北九州6月例会&交流会

6月交流会の様子をお届けします。

今月は「色」にちなんだゲームとテーマトークを行いました。

ゲームは、「色ビンゴ」でした。

1)まず、グループで色を8色決めてもらいます。
  皆さんお好きな色を挙げ、相談して決めていきます。
2)それから4×4の16マスに選んだ色を2箇所ずつ書きます。
  縦・横・斜めのいずれか3本がビンゴになれば上がりなので、
  どの色をどこに書いたらビンゴになりやすいかなど、
  グループごとに作戦を立てながら、進めていきました。
3)次に、各グループの選んだ色を書いた8枚の紙を1つの袋に集めます
4)それを順に交代で引き、引いた方が読み上げます。
 
「赤」「青」「黄色」といった定番の色から、ありそうでない「ベージュ」等々、様々な色が読み上げられるたび、歓喜の声やため息が・・・。
そして見事3本ビンゴを達成したグループは
大きな声で「ビンゴ!!」と掛け声を挙げました。
いつものビンゴゲームはこれで終了ですが、今回は「ラッキーカラーポイント」というルールを加えました。
これは、会話パートナーさんのアイディアです。

2019年5月12日 北九州5月例会&交流会

5月の交流会の様子をお届けします。令和最初の例会でした。

いいお天気の日、日当たりの良い室内は冷房が欲しい状態でしたが、あいにく冷房は明日から。
会館の方に扇風機を持ってきていただきしのぎながら、水分補給に気をつけて過ごしました。
この日は新しく一人の女性が病院STからの紹介で参加されました。
ご主人同伴で、皆さんとのゲームや会話を楽しんでおられました。

ゲームは「大豆運びゲーム」
 まず紙皿ボウルの中に大豆3粒、これをもう1つの紙皿に移します。
割りばし(片方の先は滑り止めの輪ゴムが巻いてあります)か、スプーンで1粒ずつ運び、
3粒移し終えたら、次の人へとリレーです。
グループのメンバー全員終了したところで、「終わった!」と合図。
4グループで競争しました。

 一度練習を行い、いよいよ本番。
練習ではなかなかうまく行かなかった方も、本番には上手にできたり、
スプーンですくおうとするとツルンツルンと滑り、割りばしに持ち替えて1つずつ丁寧に移したりと、
皆さん真剣な表情と笑顔で楽しいゲームでした。

2019年4月14日 北九州4月例会&交流会

4月の交流会の様子をお届けします。平成最後の例会でした。

ゲーム1つめは「春の選抜 九州勢上位予想 結果発表!」
 平成最後の甲子園。優勝は☆東邦高校☆(愛知)でした。
   東邦はなんと平成最初の優勝校でもあります。
   「勝つために帰ってきた」‥‥と、有言実行の快挙でした。
 さて九州勢も頑張りました。
   明豊高校(大分)がベスト4まで勝ち上がり、沸かせました。
    先月の予想は2番人気。6名の予想が当たりました。おめでとうございます。
    予想した方は「私です!」と手を挙げて下さいました。     
   地元福岡の筑陽学園も健闘してベスト8でした。

ゲーム2つめは「グーパー体操」
   ♪さよーなーら、さよなーらー、元気でいーてーねー♪
   都はるみさんの「好きになった人」に合わせて
   上半身を中心に、ゆっくり大きく動かして体をほぐしました。

2019年3月10日 北九州3月例会&交流会

3月の交流会の様子をお届けします

ゲームは、「春の選抜高校野球大会九州勢上位予想」です。
 平成最後の甲子園。
  九州からは、筑陽学園(福岡)、大分高校、明豊高校(大分)、
   日章学園(宮崎)、熊本西(熊本/21世紀枠選出)の5校。
  一番多かったのは、福岡の筑陽学園12票、
   次点は大分の明豊高校6票(ホークス今宮選手の母校ですね)
  4月の交流会で答え合わせとなります。お楽しみに。

今月のテーマトークは「春のオススメお花見スポット」
   梅、桜、藤、ばら、チューリップ、菖蒲‥‥、
   皆さんのお気に入りの場所を教えて頂きました。

 ・地元戸畑夜宮公園の桜が人気でした。
   桜のあとは、ナンジャモンジャ、菖蒲も美しいそうです。
 ・河内貯水池の桜、藤のトンネル
 ・桜は安部山公園、皇后崎公園、和布刈(めかり)公園、小倉城、
  若松グリーンパーク、さくら通り(八幡東区)‥‥。
 ・県外では広島造幣局、大阪造幣局、愛媛県西条市加茂川、埼玉県大宮市氷川神社
  懐かしい思い出がおありとのこと。

2019年2月10日 北九州2月例会&交流会

2月の様子をお届けします。今日も楽しい時間でした。
午後の交流会はいつもと違いました。

  ウェルとばたで開催されていた
  「平成30年度 戸畑区高齢社会を考える区民の集い&リハビリテーションフェア
  ~このまちでいつまでも健康に!~」に今年も参加しました。
 
 

 プログラムは3つ
  1)君原健二さん(メキシコ五輪マラソン銀メダリスト)の講演会「ゴール無限」
  2)健康づくりアドバイスコーナー
  3)嚥下(えんげ)もち試食コーナー

  あすの会の皆さんは、ご家族や会話パートナーさんと一緒に
  それぞれ、参加したいコーナーを選んで出掛けました。
  各ブースで専門的なアドバイスを受けたり、おみやげを貰ったりと楽しい時間だったようです。
  「嚥下もち」も美味しかったと好評でした。
 

2019年1月13日 北九州1月例会&交流会

1月の交流会の様子をお届けします。
2019年、平成31年、平成最後の1月でした。

ゲームは恒例の「干支すごろく」です。今年はイノシシですね。
  会話パートナーさん達が、大きな障子紙(これは百均に売っています)に
  マジックやクレパスで描いて作りました。
  正面のホワイトボードに貼ります。イノシシが沢山いますよ。
  

 赤、青、黄、緑、白の5つのチームで競いました。
  大きなサイコロを順番に振っていき、5色の駒が進んでいきます。
  「富士山を歌う」、「隣の人の肩を叩く」、「○つ戻る」に駒が進むと歓声があがります。
  何と「富士山」の歌は3回、3チームが歌いました。
  一番にゴールしたのは青チームでした。
  

ページ

失語症会話パートナー養成「あんど」 RSS を購読