全難聴福祉大会in下関

 11月24日〜26日の2泊3日の大会は、400人を超える全国の仲間が、希望の分科会の4つに別れて学び合い、懐かしい仲間や、新しい仲間との出会いの時間を共有する意義有る集いでした。

☆ 1日目、午後から第2分科会「耳マークに関する疑問に答えます」に参加。シンポジウムで4氏の活動発表を聞き、「耳マーク」と「筆談マーク」の全難聴の方針を訊きたかったのですが、事務局長からはっきりした回答は得られませんでした。
 その夜は懇親会。300人の定員オーバーで参加できないほどの盛況でした。食べて飲んでゲームの楽しい2時間でした。

☆2日目、式典で5名が表彰者され、下関の歴史の講演は興味が持てました。
 そして最後に、来年の大会開催である滋賀県へと引き継がれて式典は終了しました。

☆3日目、バス2台で観光へ。「元乃隅稲荷神社(もとのすみいなりじんじゃ)」は日本の美しい場所31選とか。その後、角島(つのしま)大橋へ、日本海に浮かぶ離島、砂浜に掛かる海の道の橋を渡ると、そこは北長門海岸国定公園でした。

 以上ですが、道中の2夜(松山から小倉へ)を含め近くて遠い山口県でした。

添付サイズ
Image icon image5.jpg28.45 KB
Image icon image4.jpg36.87 KB
Image icon image3.jpg30.6 KB
Image icon image2.jpg24.33 KB