耳の日のつどい

 3月1日(日)に、松山市総合福祉センターで初めての『耳の日のつどい』が開催されまし。雨模様で出足が心配されましたが、大勢の人が県内から集まり、当会からも参加し、盛況な1日でした。
 事務局作成の協会案内チラシを、会場の協力団体紹介コーナーの机上に置いて貰うために、朝一で持参し、来場者に持ち帰ってもらいました。
 セレモニーではセンター長様や市長様の御挨拶がありました。(ちなみに、市役所の障害者福祉課窓口は、市役所別館と。)
 AM.岡本かおり氏(目で聴くテレビ手話キャスター)講演。母の流産の危機に薬を飲み聴覚障害者として生まれろう学校を卒業された生い立ちや、日本手話・日本語手話・アメリカ手話・国際手話と、素晴らしい言語の紹介をされました。
 PM.県立中央病院耳鼻科Dr.本多伸光氏講演。聞こえに不自由を感じたら早く耳鼻科を受診する事によって治る可能性や、補聴器利用も早い程活かされると。補聴器活用の情報は大変良かったです。