第50回茨城県身体障害者スポーツ大会

9月中旬とはいえ、まだまだ暑い日が続きます・
この日も快晴なり。
会員13名(競技7・応援6)が福祉バスと福祉課の職員さん(3名)引率のもと、笠松運動公園に向かいました。

しかし早朝の出発は、特に重度の方には時間設定が厳しいです。
起床・洗面等身支度・朝食・投薬などなど。
ご家族の協力をいただいてなんとか出発出来ました。

主会場の競技場では、全国身体障害者スポーツ大会の予選を兼ねているだけに、橋本知事・県議員様大勢が整列する中、選手宣誓などの開会式が厳粛に行われました。

高齢の障害者にとっては、立っているだけでも辛かったですが、式後は参加者各競技の会場に移動、プログラムの順に個々参加できました。

年々参加者が少なくなっているような気がします。
それは全国大会予選参加者というよりは、各障害者団体のメンバーが減少気味であることも物語っているような気がします。

会員はフライングディスク競技(2種目)に参加、午前午後と名前を呼ばれる中、順に持てる力を発揮しました。
初Sさん、柳Mさんが好成績で金メダル獲得。おめでとうございます。

応援に来てくれた会員は暑い中日陰もない会場では応援もままならず、ただただ疲労だけが残ったのではないでしょうか。
集合写真を撮りたかったが、雨が降りだしたので断念。

参加された皆さんには暑い中大変お疲れさまでした。

添付サイズ
Image icon 24県スポーツ大会.jpg233.86 KB