会のPR活動 行政へのお願い

茎崎老人福祉センターの周りは桜の花吹雪です。
木々の間から花びらがはらはらと舞い降りていく様子は、それもまた美しくいいものですね。

昨日は役員三人が、会のチラシと名刺を持参して市役所障害福祉課・社協本部・市民活動センターを訪問し、当会の活動への支援をお願いしてきました。
障害者の会の存在をアピールするべく、チラシと名刺をカウンターに置いていただくよう依頼しました。

各地区の市民交流センターにも置いていただきたいと相談したら、市民活動課カウンター下に配布箱(通称げたばこ・連絡箱)があり、その中に入れさせていただきました。
そんな便利な場所があったんだとびっくり!
かつて発行していた「ゆうあい」もその方法で広く読んでいただくことができたんだ・・・・と今更ながら思いました。

それにしてもつくば市は広い!
市内南部に位置する当茎崎地区から社協本部のある大穂地区までかなりの距離があります。
運転をしてくださったS藤さん、本当にありがとうございました。
我々障害者が活動するためには、足、いわゆる移動手段が大切です。

会員への連絡、関係各機関への連絡調整、関係者との交流・相談、それらあらゆる行動には「移動」がつきものです。
今までK村さんがほとんどお一人でそれを受け持ち、精力的にやって下さいましたが、とにかく移動弱者である我々がいかに効率的に活動をしていくかは、この広いつくば市内でそれがカギとなっております。ちなみにこの自分は自転車にも乗れないのが情けないです。

明日は平成最後の総会があります。
直前の準備に落ち度がないかを確認中であります。

                       remon記

添付サイズ
Image icon チラシ.jpg51.3 KB
Image icon 名刺.jpg25.85 KB