ゆうあいと歳末訪問

会報の発行を無事終えて会員・関係機関・施設等に配り、社協や市役所へのあいさつ回りも終えました。

ここ数日は役員さんほかよく動きました。
忘備録として記録しておきます。

<某日> puaさんがウォーキングを兼ねて、会員さん宅にゆうあいを配付。
実際声かけをして数人の会員さんに会い、お元気を確認しました。
お留守がちの方は「洗濯機の中に入れといてください~」と。
帰宅後無事受取っていただきました。

<某日> 重度障害の方にお元気伺い
 お母様とゆっくりお話しできました。
 最近障害者のデイサービスを利用し始めたとの事。
 親も高齢になり、重度の方の介護は体力的に大変です。まだまだ利用できる福祉サービスがあることをお話しし、実際サービスを利用している立場から多くの情報をお伝え出来ました。
 また、ご家族内の考え方にも微妙な違いがあることも知りました。
 まずは、本人にとってよりよい方法とは、またご家族にとってもどうすればいいのかなどを考えさせられました。

<某日> 今回のゆうあいにカット(絵)を提供してくれた会員さんが、手書き・手作りのしおりをたくさん作ってきてくれました。
  「お忙しいのに・・・・」 「大変な手間がかかるのに・・・」と、私。
  「時間は作ればできるものだよ」とNさん。
その数の多さに圧倒されました。
何かの行事に生かしたいと思います。

<某日> 市役所福祉課・包括支援センター・社協茎崎支部へご挨拶
閲覧していただきたく、カレンダーと一緒に数十部お渡しできました。
帰途、今号に原稿を提供して下さった方にゆうあいを20部。
お庭のミカンや果物などをたくさんいただいて帰りました。

<某日> ベスト編み物協力者と反省会・食事会
ホテルレイクサイドのレストランは、お客が我々だけだった。
それはそうでしょうよ。
今頃は皆さん大掃除に余念がないことでしょう。
もろもろの話題が尽きない中、最後の会合を終えることができました。
帰宅してから、ゆうあいの録音CDを渡すのを忘れていたことに気がついた!
年内にお届けします。
                        by remon