暑中お見舞い申し上げます

本格的な夏がやってきました。
熱中症対策は大丈夫でしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・カラー版の行事一覧 
チラシを午前4時から7時55分までかかり会員宅のポストに入れて来ました。
帰宅したら疲れ果てました。
行事一覧を見て参加のご連絡が会長にあると嬉しいのですが。
・・・・参加希望の締め切りは8月19日(金)まで・・・・
 
ポストマン kimura

理事会とサロン

6月21日(火)定例のふれあいサロンを行いました。
2時間早めて理事会も実施しました。
理事会の内容は、
 ・4月以降の活動をふりかえる
 ・これからの行事とその取組み
 ・ゆうあいの記事内容について

お昼をはさんで午後は定例のサロン。
しかし体調をくずした方もいて、参加者は少なかった。
主に折り紙でコマを作りました。

パーツを3つ作り、最後に組み合わせるとよく回るコマになります。
参加した方は折り図を見ながらマスターしてくださいました。
お孫さんへのお土産に持ち帰った方もいました。

参加者が多い時に再度やりたいと思います。

茨身協通常総会

5月25日(水)水戸市総合福祉会館で茨身協の通常総会が実施されました。
当会から、会長・副会長が出席しました。

その際、3月に発行したゆうあい80号を各団体にお配りしました。
欠席団体には事務局が他の資料と一緒に送って下さることになり、非常に助かります。

総会時に小美玉市と境町の会報をいただきましたが、編集活動もしっかりなされているようで、とてもよくできています。こちらはただただ赤面の限りです。(なかなか良い知恵が浮かびません。)

帰りの道中、K村さんの車にお世話になりながら考えたことは、みなさん遠路の運転はたいへんだろうな・・・・?ということ。
欠席団体が多かったのが少し気になりました。

いつもお世話になっている事務局の方々へ、手作りのしおりを差し上げました。

個人的な事ですが、これから市報の録音作業を始めます。
眠くなる前にとりかからねば・・・。      by remon 記

5月のふれあいサロン

5月17日(火)
あいにくの雨模様でしたが、ハガキでご案内したせいか、思いがけず多くの方が集まって下さいました。
杖をつきながらバスに乗るのは大変と、お一人が参加を断念。

近況を語りながら、折り鶴・箱のつくり方を教わったり、初めて塗り絵などもやってみました。
お茶をいただきながらおしゃべりを楽しんだ後は、久しぶりの輪投げゲーム。

成績は、
 1位:K村さん     35点
 2位:MO野寺さん   28点
 3位:M原さん     23点
 ブービー賞:TO野寺さん 8点
 
 今回景品はありませんでしたが、参加者全員に手編みのイチゴ携帯ストラップを差し上げました。

 

つくば牡丹園見学

今年も賛助会員N嶋氏から牡丹園の券を10枚いただきました。
本日参加できるメンバー5名が牡丹園駐車場に集合。
他の方は各々都合のいいに日行っていただく事にしました。

晴れたのはうれしいですが、日差しが強く暑いくらいでした。
人もお花もまぶしそうです。
牡丹の時期は過ぎて、芍薬(シャクヤク)が満開でした。
あらためて芍薬のお花を見ると、牡丹とはまた違った表情を見せてくれます。

園内を一周したあと、アイスクリームをいただきながら小休憩。
そのあと解散しました。

平成28年度総会

総会会場である福祉センターまわりの桜はもう散って、かわりにピンク色のハナミズキが咲き始めていました。

暖かな陽気の中、それぞれつくバスや自転車・自家用車・徒歩などで集合してくれました。
このような調子でサロンも集まってくれればいいのにな~と思ったものです。

総会は参加者20名の予定でしたが、体調を崩した人がいて17名の参加となりました。
受付と年会費納入のあと、総会進行表に添って議事進行、質疑応答・拍手承認で無事終わることが出来ました。

休憩・お茶菓子の準備中、N島さんの歌唱指導、K屋さんのハーモニカで「若者たち」と「あざみの歌」を歌いました。

助六寿司の昼食、O野寺さん差入れのサーターアンダギーをいただいた後は、各自の近況を語っていただきました。

家族の問題、健康状態など皆さんそれぞれ抱えている問題があり、その話に感心したり、共感したり、元気をいただいたりと、いい時間を持つことが出来ました。
またサロンで語り合いましょう。

最後に手作りの編み物作品、靴下・ベストなど買っていただきました。

ゆうあい80号発行

だいぶ遅れてしまいましたが、今年度二度目のゆうあいをやっと発行することが出来ました。
年三回の予定が二回にとどまりましたが、それでもホッとひと安心しています。

明日から会員の皆さんや関係者の方々へお届けできると思います。
いつもの通りpuaさんが配って下さることになっております。

いよいよ年度末も押しせまり、まとめの事務処理をあれこれしているところです。
まずは会計のまとめ。

今日は福祉センターで領収書の確認とA3用紙への貼り付けを行いました。
これをコピーして他の書類と一緒に提出することになっております。

そして、年度が明けると総会ですが、資料作成はまだまだ進んでおりません。
次々と作業がめじろ押し。

この年齢でいつまでやりとおせるのかな?
といくばくかの不安をかかえながら、与えられた任務を遂行している昨今です。

写真はゆうあい80号の1ページと、領収書貼り付け作業の様子です。  by remon

チャレンジアートフェスティバル in つくば 展示の部

3月1日(火)会場 つくば美術館
フェスティバル初日。
風が強く冷たい一日でしたが、会場内は多くの見学者・関係者でいっぱい。
ちょうどオープニングセレモニーが行われようとしていました。

個人作品の他に、グループみんなで作り上げた大作などもありました。
感性あふれる作品の数々に目が釘付けになりました。

当会員のTさんのお習字「愛」も展示されていました。

チャレンジアートフェスティバル in つくば ステージの部

昨年と同様、今回も素晴らしい舞台を見ることができました。
一部の会員をお誘いしたのですが、都合がつかず今回も谷田部のT田さんとつくば駅で待ち合わせ。

カピオホール内は暗くて段差があり、術後間もない自分にとってもやはり怖くて移動が大変でした。

若いっていいな!
全身全霊で喜びや楽しさを身体全体で表現する。
アイデアも素晴らしい。

天気予報通り午後から雨になり、用意した傘を差しながら帰宅しました。

会の継続を賭けて

会の生き残りをかけて、市の福祉課と社協本部へあるお願いに行ってきました。
かねてより当会の上層部「茨身協事務局様」からの後押しもあり、会の運営中枢である事務局のあり方についてご提案がありました。

県の障害者団体のほとんどは事務局が、市の福祉課か社協が担って下さっています。
しかし一部の大都市は、なかなかそれが実現できておりません。

当会に置いては私会長宅が一応事務局という事になっております。
以後、このままではいずれ運営が行き届かない事になるのは必至。

そこで、茨身協と当会連名の提案書を持って、市長(社協会長)にお願いをしに行ったというわけです。

課長・組織の上層部の方とお話ししましたが、以前は開口一番「それは無理ですね」と言われるのが落ちでしたが、今回はいずれもそのようなことはおっしゃらず、「上の方に伝えておきます」ということでした。

結果はどうあれ、門前払いをされずに、気持ちよく対応して下さった事に対し、大変感謝しております。

誠意のあるご返答をお待ちしております。   by remon

ページ

くきざき身障福祉会 RSS を購読