科学万博記念公園

16・NOV・2010 
 会報「ゆうあい第65号」を谷田部印刷株式会社へ印刷依頼の帰途
会長と晩秋の科学万博記念公園イチョウ並木通り散策する。
イチョウの葉は黄金色に染まり、公園池からの眺めも素晴らしい。

 午後は福祉センターのサロン。
「くきざきふれあいまつり2010」の展示・販売品などの準備をする。
木嶋さん 竹原さん 葛屋さん 前原さん 志賀さん 塚田さん
 ありがとうございました。 by pua

親しき会員

 当会員のHさんから電話がありました。
液晶テレビのACアダプタのプラグ根元コードから
火花がとび銅線が断線してテレビが映らなくなったとの事。

 Hさんはテレビの電源ACアダプタコードをベッドの枕元下に
這わせておき不自由な手でプラグのビニール線(銅線の被覆)を
引っ張ってスイッチのON・OFFを長年やっているので被覆は
伸び切っていた。

 過去2回はアダプタのテレビ側の断線を半田付けテーピング修理。
今日はACコンセントからのアダプタに挿入するプラグの中で
焼き切れ断線でした。
 硬いプラグをニッパーとカッターで切開して銅線を出して繋ぎ
テーピング修理してテレビは写り一安心。

 2日前にはHさんから元会員のYさんが亡くなったと電話があり
親しい友達になって良かったと思います。

市民文化祭二日目

つくば市内各地で市民文化祭が11月6・7日(土・日)に行われました。
6日はひまわり祭りも同時開催で、おおいに賑わいました。
我々は茎崎市民ホールを中心に参加しました。

茎身協としては、
 ・パネルでの活動紹介や写真集の展示。
 ・手作りのアクリルタワシ・匂い袋の販売
 ・カレンダーの実演販売(7日のみ)
 ・会報「ゆうあい」の配布
 ・クリッピングボランティアによる新聞記事の紹介。
 ・ウクレレ倶楽部「ら・そよかぜ」による舞台発表。

恒例ののカレンダー作成を心待ちにしている方が以外に多くいたので、二日目はパソコンとプリンターを持ち込みました。

会で新しく購入したプリンターは高機能、カレンダーに貼り付けることができました。

文化祭に協力してくださった方々、二日にわたり大変お疲れさまでした。

市民文化祭

今日はつくば市市民文化祭が各会場にて行われました。
私どもは茎崎地区で茎崎市民ホールで演芸発表、公民館各室で作品発表などが行われました。

当会は例年の通り、二枚のパネルに行事写真やホームページなどを展示。
ボランティアコーナーとして、クリッピングとら・そよかぜの活動写真や資料などを展示しました。
またゆうあい64号をお配りしました。

舞台ではウクレレグループ「ら・そよかぜ」が「月の砂漠」「いい湯だな」「タイニーバブルス」「千の風になって」4曲を披露しました。

毎年お客様の写真を撮って、パソコンに取り込みカレンダーにしてお渡しするのですが、パソコンができる(手早く)スタッフが二人しかいないので、今回は多忙のためやらないことにしておりました。

ところが、毎年楽しみにしているという生け花のグループから、是非展示発表の生け花作品を写真に撮ってカレンダーにして欲しいと依頼があり、とりあえず写真だけ撮って自宅に持ち帰りました。
今からカレンダーに取り込む作業をやります。

                by remon

雨の日のパソコン勉強会

急に寒くなりましたね。
肩に変な力が入ります。
あわてて毛糸物を出しております。

今日は午後から雨が本降りになり、プラザへいらっしゃるのが大変だろうな~と思っておりましたが、来ていただいた方寒い中ご苦労さまでした。

谷田部からバスで来たTさん。
N名誉会長はマイカーで。
地面が濡れているので転倒がこわいですが、気を付けながら来て下さいました。

今日の勉強は、ちょっと気が早いですが、年賀状の作成でした。
喪中はがきを作った方もおられました。
インターネットにテンプレートがあったのでそれを利用できました。

帰宅してから来年のカレンダーに再度手を入れました。
ウサギ年だからピンクにしてみましたが・・・。

               by remon

バザー用品作成の巻

バザー提供用として、小物の製作が進んでおります。
アクリルタワシは作成済でたくさんあります。

その他に、現在小さい匂い袋を作成中。
小さいとはいいながらけっこう手間と時間がかかります。
その中に香料を入れて完成なのですが、ポプリを入れすぎると匂いがきつくてクシャミが出そう。それにいい値段なので、安く売るためには量を加減する必要があります。
あまりしゃれた生活をしていないから、加減が分からない。
昨日は7名の方が集まってくださり、手分けして作業をしました。

歳末に向けて申請書類の作成もあります。

風邪を引かないように頑張っていかなければ・・・・。

会行事の記録

秋はたくさんの行事が、次々と続きました。
その度に、申込み申請書類・会員への周知と参加者の把握・終わったあとの記録などなど、いささかオーバーワーク気味です。
その中で、このブログだけは気軽に書いていければと思うのですが、それも滞りがちになります。

10月16日(土)は市社協主催の「お日さまサンサン生き生きまつり」でした。
初参加の方もいらっしゃいました。
転倒などの事故がなくてまずは安心です。

反省点をここに書いておきます。

 ☆車椅子の手配をしっかりと確認。(その都度言わないとダメかな?)
 ☆バス乗車の際に台がないために苦労した。次回は是非足台を要望。
 ☆昼食までの飲み物は基本的に各自ですが、配慮する必要があったかな?
 ☆観覧席は基本的に椅子席を要望したい。
  ブルーシートのため椅子を用意したが、結局他の方が使ってしまった。
 ☆展示・販売ブースのテントは交代で配置。
  ほとんどの人がテントに来たので、観覧席と二分されてしまい把握や誘導が大変だった。
 写真はパン喰い競争で、口にくわえてゲットした初参加のKさん
                     by remon

茨城県障害者福祉の集い

 本日は、「茨城県障害者社会参加推進センター」「茨城県身体障害者福祉団体連合会」主催で、障害者福祉の集いが行われました。

 県内各地から障害者の方々・福祉関係の方々が集まり、龍ケ崎文化会館にて開催されました。
 開始時間が午後1時半~3時ということで、軽い昼食をバス内で戴きました。
 手作りのおいなりさん他を会員が協力して用意して下さいました。

  講師 米山公啓氏 作家・医学博士
  演題 「こころとからだの健康法」

 具体的なエピソードを交えながら、ユーモラスに分かりやすくお話してくださり、会場内は講師のお話にすっかり引き込まれておりました。

写真上は、龍ケ崎文化会館の緞帳です。

敬老福祉大会

市内のあちこちで敬老福祉大会が開催されました。
まず各地の市民ホールでは市主催の大会。
当茎崎地区においては、当会の会員も多く参加されたようです。
中には演芸に登場した方もいらっしゃいました。

茎身協「ら・そよかぜ」は各地の老人ホームに呼ばれて敬老祝賀会のゲストとして参加することが出来ました。
9月18日は特別養護老人ホーム元気館、9月25日は介護老人保健施設・通所リハビリテーション春秋園訪問でした。

お元気で老齢を迎えられることが何よりですね。

暑さから一変して涼しくなりました。
身体の変調に注意しましょう。
って、私も少しばかり寒気がするのは気のせいかな~?

                 by remon

サロンで手作り

久しぶりにサロンに集まったメンバーの中に、色々な手作りのものを紹介してくださった方がいました。Oさんです。
色々紹介してくれました。
牛乳パックで作ったカード入れ、布で作ったポケットティッシュ入れ数種類などなど。

極め付きは、ネットで調べたら、それを名付けて「ブロック折り」というそうな。

試しに私が作ってみました。
きちんと折り目をつけないとダメらしい。
パーツを何十・何百個も繋げているうちに、ずれたりしてきれいにいかないとか。

コピー用紙を裁断して、一応作り方を教えていただきました。
パーツを作った後の組み立てがまた難しいらしい。
根気の要る作業です。

他に私がコツコツ作っていた毛糸の小物入れに、紐を通してもらいほぼ完成させました。紐通しはあまり細かい仕事ではないので、一挙に出来上がりました。
私の場合は編みっぱなしで、最後の仕上げは、ギリギリまで置いておこうと思っていましたが。

これらは試験的にお日さまサンサンで出店してみようと考えています。
いくら位なら買ってくださるかな~?

ページ

くきざき身障福祉会 RSS を購読