「ら・そよかぜ」ウクレレ訪問 楓へ

かねてから訪問の依頼があった小規模多機能型居宅介護施設「楓(かえで)」さん。
遠方のため躊躇していたが、メンバーの同意を得てやっと訪問する事になりました。

グループホームの利用者さんと一緒に、ウクレレ・スチールギターに合わせて歌を歌ったり、手遊びゲーム・フラダンス・玉すだれ等を楽しみました。

7月は依頼が多く、10日は城山公民館、12日は森の里公民館、25日は茎の里と訪問が続きます。

メンバー汗だくになって頑張っております。

詳しくは「ら・そよかぜ」のホームページをご覧下さい。
http://www.ac.auone-net.jp/~soyosoyo/

その帰り、つくば市役所に補助金交付請求書他を提出してきました

近況報告:サロンと研修

 それは、6月のある日でした。
 サロンに新しい方が参加してくださいました。

 テーマを一つに絞らないで、編み物をする人・パソコンをする人、それぞれでした。

 一休みタイムは身障者デイのおいしいコーヒーを飲みながらおしゃべりに花が咲きました。

 7月1日、「平成23年度身体障害者地区就労支援相談員研修会」が開催され、当会から二人参加しました。
 当会会員の中には就労に該当する方はおりませんが、障害者の就労支援に関しての現実と支援の現状を知る事が出来、とても有意義な研修でした。
 内容は、次のとおりでした
   ★障害のある方へ ~就労支援のメニュー   
      茨城県保健福祉部障害福祉課 主任 大窪 浩一郎 氏
    
   ★茨城県障害者職業センターの業務について 
          茨城障害者職業センター 所長

    ★相談員活動発表    ほか                   

久しぶりのパソコン勉強会

東日本大震災の影響により、休館を余儀なくされていたふれあいプラザがやっと使えることになり、二ヶ月ぶりのパソコン勉強会でした。

しかしあいにくの雨模様。
その中でいつものメンバーが集めってくれました。

今日の学習のポイントは
 1.ふれあい交流会申込書の印刷・・・社協ホームページから
 2.ふれあい交流会おさそいプリント作成・・・・茎身協会員向け

<1の手順>
(1)茎身協ホームページのリンク
(2)「つくば市社会福祉協議会」のホームページを開く
(3)イベント&お知らせの2行目
   「【障害児・者】ふれあい交流会(7/8)・・・」をクリック
(4)「申し込み方法」の「平成 23年度ふれあい交流会参加申込書」をクリック
(5)申込み用紙の画面が出てきたら印刷する。(左上に印刷ボタン)

 2.プリント作成は、文字入力に時間がかかり、文字の装飾までは行かなかったように感じました。

  会員用に事前に準備しておいたプリントを配布する事にしました。

                 by remon

平成23年度茨身協通常総会

今日は表題の通り茨身協の通常総会が行われた。
前回が地震発生のため中止になり、皆さんとお会いしたのは久しぶりだった。

鉾田や潮来・鹿嶋の方とお話したが、地震の被害も結構あったようで、大変なことでした。特に屋根瓦の修理は件数が多いらしく、なかなか順番が回ってこないで、雨漏りを防ぐためのブルーシートをかぶせて応急措置をしているとか。

ゆうあい66号を各団体にお配りできた。
ちなみに次号のゆうあいは7月30日発行の予定である。
順調に行けるように準備万端少しづつ考えていかなければ。

ふれあいサロン

福祉センターが平常通り利用できる事になり、サロン活動も定期的に出来るようになりました。

つくバスの経路が変わったことにより、移動が難しくなっておりますが、新システムのつくタクを利用するなどして、参加をしていただきたいものだと思います。

参加者が少なくても、サロンはできるだけ休まずに続けますので、まずは顔を見せていただきたいものですね。

さて、先日のサロンは各自自由にそれぞれの課題に取り組みました。
編み物する人・パソコンでゆうあいの編集作業をする人・楽譜を手にウクレレの練習をする人などいろいろでしあ。
時々手を休めて、ハーモニカに合わせて合唱タイムタイム。
「上をむいて歩こう」の曲を皆で歌いました。

5月9日はら・そよかぜがいちょうの木を訪問して、ウクレレと歌を皆さんと楽しみました。

23牡丹苑見学会

賛助会員さん(中嶋氏)から牡丹苑の招待券をいただき、今年度も実施できました。
雨天が心配されましたが、午前9時頃には晴れ上がり、決行してよかったと一安心。
急な用事で欠席した方もあったが、9名のメンバーで見学が出来た。
この日都合の悪い方には、券を差し上げる事が出来たので、個々楽しい見学をすることでしょう。

恒例の記念写真の後、各々自由に散策。
花はまだ咲ききっておらず、全体的に数が少なかったですが、大輪の鮮やかな花を楽しむことが出来ました。

新年度スタート

平成23年度がスタートした。
4月14日(木)茎崎老人センターボランティア室にて総会が行われ、あらたに新年度のスタートとなった。
はじめて参加した方もいて、サロンへの参加を呼びかけた。

さっそく4月28日(木)の牡丹苑見学会が決定。
10時半牡丹苑駐車場に集合ということを約束した。

サロンも第3火曜日午後、第1・3金曜日午前に部屋を借りて役員が待機。
自由参加で開放ということになった。

パソコン勉強会はふれあいプラザが使えないので当分お休み。
しかしサロンでノートパソコンを持ち寄り自由に参加を呼びかけた。

今日は第3火曜日、あいにくの曇り小雨の寒い日で、参加者は少なかった。

ま、力まずゆっくりと参るしかないのかも。

ふれあい研修旅行

会員念願の一泊研修旅行が3月10日・11日に実施されました。
詳しいことはホームページイベント紹介をご覧下さい。
ゆうあい66号(3月31日発行)にも掲載予定です。

さて、旅行は無事に楽しく実行されましたが、茎崎旧庁舎にバスが到着し、皆さんが降りて解散してから数分後、大地震が発生しました。

その時庁舎駐車場に残っていたのは、6名でした。
一人は建物の壁に寄りかかり必死にこらえ、Iさんご夫婦は車に乗ろうとした一瞬、
残り三人は地面の中央に立ちすくみ。

状況が飲み込めないままに帰宅してテレビをつけたら、大変な大惨事です。
その後のことは報道の通り混乱状態。
現在も日本列島広範囲にわたり、いろいろ大変な事態が続いております。
皆様もどうか気をつけてお過ごしください。

痛ましい被害地の壊滅状態を見るにつけ、本当に心が痛みます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするばかりです。

この旅行が一日遅れて(11日・12日)いたらどうだったでしょうか?
帰着時間が10分遅れていたらどうだったでしょうか?
その事を考えたらおそろしいです。

ウクレレ訪問:2011'早春コンサート1

早春と言うには少々肌寒い感じも致しますが、梅のつぼみも膨らみ、あちこちには春の兆しが見られるようになりました。
突然の雪に驚かされることもありましたが、「春遠からじ」もうそではないようですね。

ただ今会の運営としては、つくば市補助金の報告書作成準備・ふれあい研修旅行の事前準備と宿泊先との連絡調整作業・ゆうあい66号発行への取組みなどに取組んでおります。

会のボランティア活動として、クリッピングやウクレレ訪問も順調に活動を進めております。

昨日は「2011'早春コンサート1」と銘打って近くのくきの里へ訪問活動をしてまいりました。
詳しいことは、次をご覧下さい。
http://pub.ne.jp/pua1363kimura/?entry_id=3493465

              by remon

今冬は雪が少しだけ降りましたね

1月から2月にかけて数回雪が降りました。
そのすべてが積もることもなく、その日の午後か次の日には溶けてしまいましたが。
今でも建物の影とか、日影に少しだけその名残があります。

雪道は我々にとってとてもこわいものです。
杖をついたとしても、その杖が滑るのですからあてにはなりません。
とにかく大事に至らなくて良かったと思っています。

パソコン勉強会とかその他の行事への影響はありませんでした。
まさか3月10日のふれあい研修旅行に降るということはないでしょうね~?

道のあちこちに梅の花も見られます。
花と雪、これも面白い取り合わせですが、こういうことを繰り返しながら、春は着々と近づいてくることでしょう。

今年の雪を写真で振り返ってみました。
                    by remon

ページ

くきざき身障福祉会 RSS を購読