年明け初めのパソコン会

新年初のパソコン楽しみ隊がありました。

参加者は8名。

1月のカレンダーを作成しました。

今まで学習したものの復習になりますが、ほとんど初めて!というくらい学習の成果はあまり進んではいません。

私は必要にかられてほぼ自分で覚えたきたものですが、ふだんやらないとなかなか身に着かないものです。

でもとにかくプリントまではこぎつけました。

年越しと牛久沼の日入り

今年最後の日入りです。

日没風景を撮りに行きました。

牛久沼の向こうに沈む太陽。

今年もお世話になりました。

皆様 良いお年を お迎えください。

ゆうあい配付と長寿祝い

寒風吹きすさぶ中、ゆうあい77号を会員各お宅を訪問して配りました。
年内に配り終えてホッとしています。

また、長寿祝いとして、傘寿3名、古稀1名の方にお祝いの粗品を差し上げることが出来ました。
還暦は対象者なしです。
この会も高齢の方が多くなっているというわけです。

それと同時に先日の希望の翼に行かれた方に対し、写真CDと写真入りカレンダーを差し上げました。

ゆうあい77号

12月15日付でゆうあい77号を発行できる運びになりました。
谷田部印刷さんに依頼中です。

年内に会員さんのお手元にお届けできるでしょう。

主な記事は、
秋の行事報告・行事に参加しての感想・希望の翼感想他です。

新年食事会のお知らせも同時にお渡しします。

夕方になると一日の疲れがどっと出て、ひと休みしない事にはパソコン作業が続きません。

体力がなくなったな~と実感中です。

つくば市福祉団体等連絡協議会

福祉団体連協の定例会に、〇嶋と〇原さん二人で参加しました。
市役所は当地からの足の便が悪いので、〇原さんの息子さんの車で送迎していただきました。
とても助かりました。ありがとうございます。

実は前会長より、継続するように言われていたのですが、時間的に厳しく、3年ばかり遠ざかっておりました。
しかし志を同じくする者にとって、情報交換・連携を持つことは大切と心得、前回から定例会に参加することにいたしました。

連協に所属している団体は次の通りです。
考える会・けやきの会・SGAP・ダウンの会・つく肢の会・手をつなぐ育成会・つくば市特別支援親の会・ほにゃら・やすらぎの会・わかばOB会・わかばの会・わたぼうし会です。

社協・市障害福祉課職員さん同席のもと、熱心な討議がなされております。

午後からは当会のふれあいサロン、いそぎ福祉センターに向いました。
終了後牛久障害者の会の方から依頼されたカレンダーをお届けに。
夕方になり冷え込んできました。

写真は「市役所3階から研究学園駅方面を見る」と、「サロン」です。

希望の翼 グアムへ

茨城新聞・茨城新聞文化福祉事業団主催の、障害者の旅行「希望の翼」が11月28日~12月1日三泊四日で実施されました。「希望の翼」は海外旅行、希望号は国内旅行として隔年交替で実施されております。
当会員もそれぞれ自由に参加されております。

当会参加者は7名、そのうち3名の方がボランティアとして活躍されました。

行先はグアム。
半袖Tシャツで十分のあたたかさ。
一年中快適な気候で観光地として人気があるようです。

自由時間もたっぷりあり、無理のない行程で自由に散策したり休養できました。

さぁ! 12月です!
今月中に「ゆうあい77号」を発行できればと考えております。

希望の翼 参加者ミーティング

障害者の海外旅行が11月28日から三泊四日で実施されます。
行き先はグアム。
県内の障害者200名弱の方々が参加されます。

主催は茨城新聞・茨城新聞文化福祉事業団です。

当会から7名の会員が参加することになっております。

今日はその事前ミーティング。
ホテルレイクサイドつくばのレストランで食事をしながら、旅行のあれこれを話し合いました。

puaさんが日本とグアムの週間天気予報を調べて来て下さいました。
なんと、旅行の期間グアムは雨のようです。
今回だけは予報が外れて欲しいものだと思います。

整理整頓

福祉センター内のコーナーにある当会の机周辺を整理整頓しました。
机の中・上の段ボール・パソコンデスク周辺など、いらないものを思い切って処分し、かなりすっきりきれいになりました。

その後は、お茶をいただきながら近況などを話し合いました。

毛糸のベストはもう少し編みたしましょう。
数人で分担することになり、それぞれ毛糸を持ち帰りました。

午前中市役所により、「障害者福祉ガイドブック」の音声CDをいただいてきました。
そのCDは家庭用のプレーヤーで聞くことができません。
通常は「プレクストーク」という機器で聞くわけですが、個人で購入するには負担がかかります。
いわゆる音楽用のMP3プレーヤーを会で購入。
それを貸し出すことにしました。

ただ、操作方法が難しいかな?
なかなか適当な器械がありません。

おひさまサンサン生き生きまつり2014

つくば市社協主催の「おひさまサンサン生き生きまつり」が、素晴らしい秋晴れの下、無事に行われました。
送迎バスは元茎崎庁舎・元谷田部庁舎を経由して会場である豊里多目的広場へ。

間違って別のバスに乗った人、販売ブースではどっと押し寄せるお客様のお相手をするのにてんやわんや。
などちょっとしたアクシデントはありましたが、それはご愛嬌。
ベスト他喜んで下さり、苦労して手作りしたかいがありました。

販売ブースと見学テントとで、会員が分かれてしまいますが、それぞれの役割をきちんとわきまえてくださり、とてもいいイベントでした。

会員は18名参加。
青色テントの観覧席にはすべて椅子が用意されて、安心して観覧・競技に参加することが出来ました。

たくさんの荷物を車で運んで下さったN島さん、観覧席の会員に心配りをして競技に誘導してくださったpuaさん、売り子さんと会計を責任もってやって下さったM原さん、他の皆さん、本当にお疲れさまでした。

「身障いばらき」に掲載

茨城県身体障害者福祉協議会の会報「身障いばらき」の「市町村だより」というコーナーに、当会の活動が紹介されました。

会報が送られてきましたので、会員さんに配布いたします。
音声化もなんとかして作成したいと考えております。
人工音声ではありますが、公開されたPDFファイルからテキスト(文字)を抽出し、音声に変えることは可能かと思いますので、テープ・CDいずれかの方法で視覚障害の方にお届けしたいと考えております。

明日は「おひさまサンサン生き生きまつり」です。
お天気間違いなしでしょう!
準備ばんたん、皆さんで楽しみましょう!。

   ↓市町村だより記事                by remon

ページ

くきざき身障福祉会 RSS を購読