イベント 2件

ボランティア関係のイベントが続きました。
あくまでremonの周辺の出来事ですので記載は限られていますが。

(1)つくば市音訳ボランティアの会 第10回朗読会
   平成30年6月29日(金)
   ノバノール 小ホール
    市内3つのボランティアによる朗読会が行われました。
    毎年実施されるもので、今回は10年目の記念的なイベントでした。

6月のサロン

お天気の心配がありましたが、無事実施することが出来ました。
火曜カラオケ会のメンバーも加わり、多くの方が参加して下さいました。
N嶋さんの息子さんも参加して下さったのは嬉しかったです。

話題は、自分たちの健康のこと、福祉サービスの効率的な利用について、障害者家族の将来への不安等々。

おしゃべりだけではなく、粘土細工も体験しました。

7月1日のイベント、「茎崎ボランティアふれあい交流会」についても参加をお勧めしましたが、すでに事務局に申し込んだ会員もいました。

写真は、サロンの様子・M原さんのご主人から白鳥の羽のプレゼント、粘土細工です。
---------------------------------------------------------

総会と懇親会

新年度一番のイベント、平成30年度の総会が実施されました。
今回は趣向を変えて、市内明神の「結城家」で懇親会を兼ねて行いました。
13名の会員が集まりました。

会員のA藤さんが急死されたとの報告があり、ご冥福を祈り皆さんで黙とうをしました。
健康な体であっても、いつどのような状況で身体の異変が起こるのか分かりません。
一瞬の事といえど、高齢にさしかかり、常に気をつけなければなりません。

総会資料はA4両面に一枚プリント。
事業報告・会計報告・事業計画・収支予算案と議事が進み、新しい年度がスタートしました。
新鮮な海鮮丼をメインに揚げ物や茶わん蒸し、デザートにケーキとフルーツ、コーヒーをいただきお腹がいっぱいになりました。

食事をいただきながら、近況報告などお話を伺い、にぎやかに懇親会を進めることが出来ました。
------------------------------------------------------

新年度!

4月になりました。
新年度になりました。

桜が3月末にに咲き出して、今は風に吹かれて葉桜になりつつあります。
せめていましばらく写真にて満開の桜を楽しみたいと思います。

新年度を迎え、なかなか活発には活動できませんが、4月17日に総会を兼ねた懇親会を実施したいと思います。
皆さまには近々にご案内をお送りいたします。

現在はその準備と、各種報告書作成に追われております。

----------------------------------------------------

3月のサロン

このブログ、12月に更新したきりすっかりご無沙汰していました。
サロンは、1月2月ともそれなりに活動はしていましたが・・・。

今年度も最後の月になりました。
当会の活動は、サロンを中心に運営されています。
以前のような自主事業も少なくなり、特に楽しみにしていた社協主催の「ふれあい交流会」も実施されませんでした。
しかし、確実にふれあい活動は続けております。
なかなか参加できなくても、ほかの手段(電話・メール・訪問)で繋がっていきたいものです。

季節はいつのまにか春を迎えつつあります。
まだまだ肌寒い日が続きますが、会員の皆様もっと参加して元気な姿を見せていただきたいものです。

本日のサロンで話しあったのですが、4月に行われる総会は趣向を変えて「交流と談話」を中心にやりましょうということになりました。
詳細は後日お知らせします。
-------------------------------------------

12月のサロン

参加者が少ない中、サロンは予定通り実施しました。

来年の写真入りカレンダーにpuaさんがラミネート加工して下さったものを、会員にお配りしました。年内に全員の手元に行ければいいと思うのですが。

22日(金)K屋さんを中心に、牛久愛和病院の老人介護施設「春秋園」に歌とウクレレ訪問をする予定ですが、サロンの中で練習を兼ねて皆さんと歌いました。
ハーモニカとウクレレと歌・・・・・。タイミングが合えばいいと思いますが、心配です。

体調を崩していたpuaさんが久々に顔を出してくれました。

エコー学園 学園祭見学

晴天にめぐまれた本日は、エコー学園の学園祭がありました。
毎年この時期に開催されるもので、当地区のボランティアさんも数人スタッフとして協力参加されています。

数年前、ウクレレの「ら・そよかぜ」が歌と演奏で参加させていただいたことがあります。
記録を見ますと、2011年11月となっています。(なつかしいな~)
懐かしい写真を見つけましたので、掲載します。

インスタントコーヒーとクリープと焼きそばを買って帰りました。
利用者さんが作った新鮮な野菜は好評で、売り場は会計に長蛇の列。
またの機会に寄らせていただきます。

今日はつくば市内では「つくばマラソン」もあったようです。
                              by remon
-----------------------------------------------------------

くきざき夢まつり

天気予報とおり、午前中はザーザーぶりの雨でした。
午後から晴れるとの予報に励まされながら、関係各団体は元気に準備に取りかかります。
まずは足元・側面から入ってくる雨水の養生に工夫をこらします。

雨脚が強い間は、商品に雨水が当たらないように気をつけながら、テーブルに並べていきます。
出足が鈍かった午前中でしたが、徐々に天気が回復し、カラッと晴れた青空が見えてくる頃には、多くのお客様が見えました。

お天気とともに会場も活気づき、まさに「夢まつり」です。

当会は手編みのベストをボランティア「ろうどくはぁもにぃ」のお店をお借りして、20点を売らせていただきました。なんと17枚が売れましたよ。

なかに数年前の文化祭の時に買った方がいて、隠れた人気商品となっています。
ただし、多くの方に「サイズを大きくしてください」と言われましたので、次回には皆さんの声を反映した喜んでいただくベストを作っていきたいものだと思いました。
                     by remon
---------------------------------------------

お日さまサンサン生き生きまつり2017

10月28日(土)つくば市・市社協主催の大きな行事がありました。
市内各地から大型バスに乗り込み、多くの高齢者・障害者がカピオの大ホールに集いました。

当会からは、11名が参加しました。
当初、18名の参加希望でしたが、体調や諸事情で欠席者が出て大分参加者が減りました。
少人数でありながらバス内は大にぎわい。

競技も童心に返って充分楽しく参加できました。
引率の社協職員さんは、とてもお若く新しく職員になられた方でした。
ご親切な引率ありがとうございます。

高齢化率がどんどん上がっていく中(自分もそのお仲間ではありますが)、健康で足腰がしっかりして、元気でいられるのが何よりです。
今日参加された皆さんは、まだまだお若く、身のこなしもしっかりしておられます。
障害を持っている我々も、気持ちだけは負けないで頑張って行こうという思いをあらたにしました。

総勢1000人を超えるであろうこのような行事を企画実行するのはとても大変でしょう。
社協の職員さん、市の職員さん、大変お疲れ様でした。

10月のサロン

10月17日(火) ふれあいサロンがありました。
事情により時間を変更して、午前中行いました。
クリッピングをしているT川さんも参加しました。

ささやかなお茶とお菓子をいただきながらおしゃべり。
10月末に行われる「お日さまサンサン生き生きまつり」の参加者確認や各自の近況などを語りました。
あまり毛糸でアクリルたわしも編みましたよ。
数日続いた雨も徐々に回復したようでした。

10月から開始された「茎崎地域包括支援センター」のチラシを一部会員に配りました。
これは、つくば市の委託を受けてつくば市社協が始めた事業で、次のことをやっているそうです。
当会にとっても深くかかわりがありそうですが、おおいに利用していただきたいものと考えます。

ただ、「障害者」という文言がありませんが、障害者をかかえる家族(特に親が高齢者)の深刻な事情なども考慮していただきたく、まずは「窓口に相談」ということも視野に入れていきたいと思います。
なにごとも「はじめの一歩」が大切だと考えます。

   「始めなければ 何ごとも 始まらない」

ページ

くきざき身障福祉会 RSS を購読