平成29年度の相談体制

相談体制は、ろう者対応、難聴者対応、こころの相談、3つの窓口となります。

有資格者が多くおりますので、ご紹介に加えておきます。
気軽にご相談ください。電話での相談は、難聴担当の相談員が対応させていただきます。

 聴覚障害者相談員(ろう担当:教員免許所持者有)・・・ろうあ者相談  

 聴覚障害者相談員(ろう担当)・・・ろうあ者相談 (成人聴覚障害者対応)

 健聴者相談員(難聴担当:言語聴覚士)・・・・・・きこえの相談、福祉機器の相談

 健聴者相談員(こころの相談担当:臨床心理士)・・こころの相談

それぞれに、通訳コーディネーターがおりますので、必要に応じて連携をとって対応しております。

来談者のコミュニケーション方法に合わせて、お話を進めていきますので、ご安心下さい。

移動相談は、今年度は3地域で、 相談と「理解セミナー」を、年の後半に検討しております。

平成28年度の相談体制について

相談体制は、昨年度と同様に、4つの窓口となります。

たまたまですが、皆、有資格者ですので、ご紹介を加えておきます。
気軽にご相談ください。電話での相談は、難聴担当の相談員が対応させていただきます。

 聴覚障害者相談員対応(ろう担当:教員免許所持者有)・ろうあ者相談、

 健聴者相談員対応(難聴担当:言語聴覚士)・・・・・・きこえの相談、福祉機器の相談、移動相談

 健聴者相談員対応(盲ろう者担当:社会福祉士)・・・・盲ろう者相談(訪問含む)、移動相談

 健聴者相談員対応(こころの相談担当:臨床心理士)・・こころの相談

それぞれに、通訳コーディネーターがおりますので、必要に応じて連携をとって対応しております。

来談者のコミュニケーション方法に合わせて、お話を進めていきますので、ご安心下さい。

平成27年度の相談体制について

一年、間が空いてしまいました。。すみません。

実は、情報センターを運営している(公社)兵庫県聴覚障害者協会が
県内の聴覚障害児者を対象に、実態調査を実施し、私達もお手伝いをしておりました。

聴覚障害者は、全て訪問による聞き取りで、888名の方に、
聴覚障害児と保護者の方へは、227名の方のご協力を頂きました。

報告書に関して、ご興味ある方は、是非、(公社)兵庫県聴覚障害者協会まで、お問い合わせください。

さて。
今年、平成27年度の相談員体制は談体制は、ちょっと変わりました。4つの窓口です。

 聴覚障害者相談員対応・・・・・・・・・・ろうあ者相談、

 健聴者相談員対応(難聴担当)・・・・・・きこえの相談、福祉機器の相談、移動相談

 健聴者相談員対応(盲ろう者担当)・・・・盲ろう者相談(訪問含む)、移動相談

 健聴者相談員対応(こころの相談担当)・・こころの相談

それぞれに、通訳コーディネーターがおりますので、必要に応じて連携をとって対応しております。

来談者のコミュニケーション方法に合わせて、お話を進めていきますので、ご安心下さい。

平成25年度の相談事業について

今年は、とても忙しい年で、すみません。。
ブログを書ける時間が作れたのが年末になってしまいました。
というわけで、今年の相談員の動きを報告含めてお話してみますね。

相談体制は、昨年度同様 3つの窓口です。

 聴覚障害者相談員対応・・・ろうあ者相談、こころの相談、移動相談

 健聴者相談員対応(難聴担当)・・・・きこえの相談、福祉機器の相談

 健聴者相談員対応(盲ろう者担当)・・盲ろう者相談(訪問含む)

それぞれに、通訳コーディネーターがおりますので、必要に応じて連携をとって対応しております。

移動相談については、
 今年度の開催回数を年9回とし、
 3地域(たつの市、篠山市、加古川市)を3回ずつ訪問することとなりました。

それに加えて、その3地域で、福祉関係の仕事をされておられる方や、窓口業務等を
されている方を対象に、『「聴覚障害」の理解セミナー』を開講し、ろう・難聴・盲ろう、それぞれの障害者心理を体験通じて理解し、どのように配慮するべきなのか などを
学び、考える機会を作っております。

平成24年度移動相談について

みなさん、こんにちは。

平成24年度移動相談についてです。

今年度の移動相談で回る地域は以下のHPの通りです。
http://www.normanet.ne.jp/~h-center/idousoudanH22.html

移動相談開催場所の近くにお住まいの方は、この機会を利用してお越しください。

ある出来事。
改めて相談受理の際の雰囲気というか、そのあたりについて勉強となる機会がありました。
それについて報告したいと思います。

とある地域に、移動相談に参りました。

聞こえないというのは
やはり恥ずかしいというところがあるようで、
聴こえに関する相談はこっそり受けたいと思う気持ちがありますね。。。

でも、相談場所が分からないと。。。どうしよう。。。と思いますね。

相談場所はどこですか?と聞きにくいですよね。

手話で「どこですか?」と聞いても、手話ができる人がいないと伝わらない。

平成24年度(2012年度)の動き

平成24年度に入り、あっという間に初夏に入ってしまいました。
これから暑くなってまいりますね。

平成24年度相談事業についてです。

昨年度と同じ体制でスタートしました。

イメージで言うと 3本の窓口

  聴覚障害者相談員対応・・・・・・・ろうあ者相談、こころの相談、移動相談
  
  健聴者相談員対応(難聴担当)・・・・きこえの相談、福祉機器の相談

  健聴者相談員対応(盲ろう者担当)・・盲ろう者相談(訪問含む)

それぞれに、通訳コーディネーターがおりますので、必要に応じて連携をとって対応しております。

さらに、聴覚障害者相談員対応の時間もちょっぴり増えました。すぐ対応できるように頑張っています。
こころの相談や移動相談は、難聴者や中途失聴者、関係者たちも利用できます。

  相談員は全員、筆談も手話も使います。
  
  相談員は、それぞれに有資格者ですが、ここでは紹介を省略いたします。

聴覚障害と言っても、三種おられますので、来談者に合わせて、相談員も連携を取りながら
お話を伺っております。

平成23年度(2011年)の動き

東北の震災があり、春を喜べぬまま夏に突入し、あっという間に夏も終わりに近づきました。
今年度の相談事業の動きをお話できていませんでした。すみません。

今年度から相談事業の体制が変わりました。

イメージで言うと 3本の窓口

  聴覚障害者相談員対応・・・・・・・ろうあ者相談、こころの相談、移動相談
  
  健聴者相談員対応(難聴担当)・・・・きこえの相談、福祉機器の相談

  健聴者相談員対応(盲ろう者担当)・・盲ろう者相談(訪問含む)

それぞれに、通訳コーディネーターがおりますので、必要に応じて連携をとって対応しております。

  相談員は全員、筆談も手話も使います。
  
  相談員は、それぞれに有資格者ですが、ここでは紹介を省略いたします。

聴覚障害と言っても、三種おられますので、来談者に合わせて、相談員も連携を取りながら
お話を伺っております。

東北関東大震災を体験してのろう者の思い(避難所からのレポート)

兵庫県立聴覚障害者情報センター こころの相談員(ろう者)が
東北関東大震災が起きたとき、所用で仙台に居り、被災しました。
その体験記を、下記に綴ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<訂正>下記の中にブギーボードについてのことがありましたが、実際には薄暗
いところならなんとかみえます。真っ暗では使えません。
使いたい場合は、前もってご確認してから使用して下さい。ご注意くださ
い。(3月18日午前10時にて)

3月11日(金)に東北関東大震災が起き、
仙台にいたことから、震災に巻き込まれ、さまざまなことがありました。
私がろう者ということもあり、
避難所にいながらできるだけ詳細に体験をノートパソコンや手帳に記録しておきました。

ろう、難聴者、聴覚障害者のさまざまな問題、情報リテラシーなど、
多くの方々に理解してもらえば幸いです。

盲ろう者向け相談が始まりました。

兵庫県立聴覚障害者情報センターの開設に関わってくださった団体は兵庫県下11団体。
(リンク集に主な団体名が掲載されています)
その中に、盲ろう者と支援者の団体があります。

「盲ろう」???
視力障害と聴覚障害を併せ持つ方々のことを指します。
あの有名なヘレンケラーさんも 盲ろうに含まれますよね。

「盲ろう」と言うのだから、全く見えなくて、全く聞こえない人 とイメージしがちですが、
実は、違います。

視力障害というのは、盲だけでなく、弱視、視野狭窄などの方々も含まれます。
聴覚障害というのは、聾だけでなく、難聴の方なども含まれます。

視力障害が先にある方ですと、点字ができたり、白杖の訓練を受けておられたり、
視力障害者の団体の方とのつながりが強かったりします。

また、聴覚障害が先にある方ですと、手話ができたり、要約筆記のことをご存知だったり
聴覚障害者の団体の方とのつながりが強かったりします。

平成22年度(2010年)の動き

ご無沙汰しております(^^)

各相談のご紹介をさせていただいてから、年数が経ってしまい。。
情報が古くなりましたので、改めて今年度の相談についてお話します。

現在行っている相談は以前と変更はありません。

 ①聞こえの相談
 ②こころの相談
 ③ピアカウンセリング

 以前は、男性 聾のピアカウンセラーがおりましたが、担当者が交代し、
 「ろうあ者相談員」として、健聴の女性相談員が水曜・金曜に対応しております。

 また、相談員が企画する「こころ企画」「難聴企画」というのも、
 開催しております。
 日時が決まり次第、ホームページや「情報センターだより」に掲載致しますので
 ぜひ、お越しください。

ページ

兵庫県立聴覚障害者情報センターのブログ RSS を購読