科学でジャンプサマーキャンプ

2010年8月20日から 23日、熊本県の国立阿蘇青少年交流の家で、科学でジャンプ サマーキャンプが行われました(http: //www.jump2science.jp/jssc2010)。

視覚障害のある、中学生・高校生が約30人参加し、化学・数学・物理等の実験や 体験のワークショップに参加しました。ATDOでは、最新技術展示で、マルチメ ディアDAISYの展示をしました。パソコン(AMIS、ghPlayer)・プレクストー ク・ビクターストリーム・DM-4・classmate等使って、理科・社会・数学・国 語・英語の教科書の一部や、「盲導犬の健康管理」等の読みものを再生する体験 をしてもらいました。

見に来た生徒たちは、興味を持って操作体験をして、一度始めるとなかなか離れ ようとしませんでした。自分の思ったように、好きなところにジャンプして再生 できると、笑顔で楽しんでいました。

学生にとっては、再生だけでなく、メモ代わりに録音が出来る機能が必須という 声が聞かれました。また、合成音声で、ファイルの読み上げができる、ポケット に入る大きさである、という点も評価されていました。

弱視の学生にとっては、中学以上で拡大教科書を持ち歩くことが大変だという声が聞かれ、AMISやghPlayerによる拡大表示に関心が寄せられました。

保護者からは、最新技術を体験できる機会がなかなかないので良かったという声 が聞かれました。

参加者には、無償の再生ソフトAMISと、マルチメディアDAISY図書の「盲導犬の健康管理」と、全国のボランティアのネットワークが提供している教科書のマルチメディアDAISYのリストをCDに焼いて提供しました。

M.H.