IGF2008

IGF2008
http://www.intgovforum.org/cms/

第3回IGFは、2008年12月3日から6日にインドのハイデラバードで開催された。
IGF(インターネット・ガバナンス・フォーラム)は、国連の事務総長が主催する、インターネットの管理運営に関する国際会議である。
DAISYコンソーシアムは、ITU(国際電気通信連合)や各障害団体と一緒に、障害者の情報へのアクセスの権利をIGFの重要な議題として発言した。

12月4日のIGFメインセッションでは、多言語のインターネットの実現のをテーマとするパネルディスカッションで、DAISYコンソーシアムの代表として河村氏が発表した。手話を含む障害者のニーズや、2008年に受賞したITUの賞の受賞理由である、障害者、少数言語、書記文字のない言語の使用者、非識字者の情報アクセスの実現に関して、話をした。
http://www.intgovforum.org/cms/workshops_08/main_multilingualism.htm

ITU主催の、「アクセシビリティと人的要因を主としたインターネットのユニバーサライゼーション “次の10億人”の10%をしめる障害者のアクセスをどうするか」のワークショップでは、聴覚障害者のコミュニケーション手段である、リアルタイム・テキストの話や、W3C WAI のウェブのアクセシビリティについて、インドからは防災におけるDAISYの活用、ITU-Rのメージャ氏からITUでのアクセシビリティの取り組みに関する発表等があった。
http://www.intgovforum.org/cms/workshops_08/showmelist.php?mem=51

IGFメインセッション

M.H