シンポジウム「もっと知ろう、デイジー教科書を!」

平成24年の2月から3月にかけて行った文科省の「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育支援を必要とする児童生徒に関する調査結果」によれば、知的発達に遅れはないものの「読む」または「書く」ことに困難を示す推定値が2.4パーセントである。
日本障害者リハビリテーション協会は、読むことに困難がある児童・生徒を対象に、デイジー(DAISY:Digital Accessible Information SYstem)を活用して、マルチメディアデイジー製作団体のネットワークの連携を図りながら、マルチメディアデイジー形式の教科書・図書を製作・提供を行っており、そのデイジー教科書の有効性については、先生や保護者、そして教育関係者が注目するようになってきている。
しかし、上記調査結果にある対象者の多くに提供できていないのが現状である。そうした状況を踏まえ、今回は、参加者にDAISY教科書をもっと知っていただくためのワーショップを含めたシンポジウムを開催する。

プログラム(予定)

10:30-10:40 開会挨拶 
 湯澤茂男(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 事務局長)

10:40-12:30 ワークショップ“DAISY教科書について知ろう。”
 1.DAISY教科書とは?
 2. どのような人が対象になるの?
 3.どのようなツールで読めるの?(PC, ipad, 専用機器、ソフト等)
 4.DAISY教科書の活用方法について(事例など)

12:30 -13:30 昼食(DAISY図書の販売あり)
 
13:30-16:00   (途中10分ほど休憩あり)
パネルディスカッション:DAISY教科書の普及に向けて
モデレータ:
 河村 宏(特定非営利活動法人支援技術開発機構 副理事長)
パネリスト:
 片山 敏郎(新潟市立 上所小学校教諭・日本デジタル教科書学会会長)
 井上 芳郎(埼玉県立坂戸西高等学校 教諭)
 田中 和美(元公立中学校特別支援教育コーディネーター)
 野口 武悟(専修大学文学部 准教授)
 神山 博(青森公立大学経営経済学部 教授)
 野村美佐子(日本障害者リハビリテーション協会)
 すべての参加者

16:00  閉会挨拶

日時 2013年02月03日(10:30~16:00)
開催場所 戸山サンライズ 大研修室 (東京都新宿区戸山1-22-1)
参加費 500円(税込)
定員 100人(先着順)
主催 (公財)日本障害者リハビリテーション協会

お申し込みは、以下リンクより
http://kokucheese.com/event/index/66824/

(R.M.)