国際セミナー "防災のユニバーサルデザインとDAISYの役割"

国際セミナー "防災のユニバーサルデザインとDAISYの役割"
http://kokucheese.com/event/index/38444/

以下抜粋ーー
(趣旨)
昨年3月の東日本大震災の犠牲者の多くが、移動や情報と知識のアクセスが困難な障害者と高齢者だったという衝撃的な事実が、その後の被災地での調査で少しずつ明らかになっている。

更に、大災害から生き延びたすべての人々の生活と地域の再建に必要な膨大な知識と情報のアクセスに重大な問題があることも分かってきた。

そこで、この大震災の経験に学び、高齢者と障害者もいっしょに進める地域ぐるみの防災と復興の支援に欠かせない知識と情報のアクセスのユニバーサルデザインの最新動向と実践例について報告を受け、その普及促進をはかるためのセミナーを開催する。

セミナーでは、本年4月に東京で開催された情報通信技術(ICT)国連専門家会議の災害特別セッションのモデレーターを務めたDAISYコンソーシアム前会長の河村宏氏が基調講演を行う。

被災地の復興を支援しながら防災のユニバーサルデザインの観点で研究を進めている人と防災未来センター宇田川真之主任研究員、すべての人に災害と科学の知識のアクセスを保障することをめざしてDAISY4とEPUB3の開発を進めているDAISYコンソーシアムとIDPF両方の技術開発責任者を兼務するマーカス・ギリング技術主任(CTO)、また大洪水や津波の被害を受けたタイでのインクルーシブな防災の取り組みの先頭に立っている全盲のブンタン上院議員の3人を講師とする、国内外におけるDAISYを活用した防災のユニバーサルデザインの普及推進と被災者支援について具体的に何ができるかを考える。

日時:2012年7月7日(土)

会場:TKP東京駅ビジネスセンター1号館 2階 ホール2A
   〒103-0028
   東京都中央区八重洲1-4-21 共同ビル

主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
助成: 東京都民共済生活協同組合
    全国労働者共済生活協同組合連合会
後援:日本DAISYコンソーシアム

プログラム
13:30-13:40
開会挨拶 日本障害者リハビリテーション協会
13:40-13:55
基調講演:"防災のユニバーサルデザインとDAISYの役割" 
河村 宏(DAISYコンソーシアム理事・前会長)
13:55-14:25
"東日本大震災の教訓と被災者への知識アクセス支援の課題"
防災未来センター主任研究員 宇田川真之
14:25-14:55
"DAISYとEPUBによる知識アクセス -災害知識のユニバーサルデザイン-"
マーカス・ギリング (DAISYコンソーシアム・IDPF 技術主任)
14:55-15:25
"タイにおける防災の取り組みとDAISY=EPUBの活用"
モンティエン・ブンタン(タイ上院議員、タイ視覚障害者協会会長)
15:25-15:40
休憩
15:40-16:30
質疑応答

定員:100名(定員になり次第締切)

情報保障: 同時通訳、パソコン要約筆記あり。手話通訳・点字資料・
磁気ループが必要な方は申込みの際にご記入ください。

参加費:無料

申込方法:メール、ファックス、文書

次のページの「お申し込みはこちら」よりお申し込み頂けます。
http://kokucheese.com/event/index/38444/

ファックスでお申し込みをご希望の方は、
以下のお申し込み先にご連絡ください。

参加申込先:
公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
〒160-0052東京都新宿区戸山1丁目22番1号
TEL: 03-5273-0796 FAX: 03-5273-0615
担当:長田、吉広、野村
ーー

M.H.