モンゴルからの研修生

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業で、モンゴルから研修に来ているゴンチゴさんを、4月と5月の2ヶ月間、ATDOで、マルチメディアDAISYの研修で受け入れました。
モンゴルでは、障害のある生徒に、アクセシブルな教科書が提供されていないそうで、弱視のゴンチゴさんも、学生時代に大変苦労したそうです。その経験から、帰国後は、DAISYフォーマットの教科書を子どもたちに提供してあげたいそうです。

研修では、DAISYの各国での活用事例や、規格について、また、製作・再生技術の実技研修を行いました。
「放射線被ばくに関する基礎知識」のDAISY版の製作をいくつか担当し、成果物は日本DAISYコンソーシアムの下記ウェブサイトにアップされています。
http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/jdc/index.html

モンゴルでは、まだモンゴル語のTTS(合成音声)がない等、解決するべき課題もたくさんあるようですが、これからが楽しみです。

参考:ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業http://www.jsrpd.jp/index.php?q=node/2

M.H.