新規コメントの追加

Save as DAISY Translator 日本語版リリース

2010年4月6日、DAISYコンソーシアム、(財)日本障害者リハビリテーション協会、マイクロソフト 共同でプレスリリースが行われました。
Word で作成した文書に、見出し等のスタイルをつけて、テキストと合成音声の入ったDAISYか、DAISYのXMLファイルに変換できる、無償のアド・オンソフトウェアが公開されました。
専門的な技術を持たなくても、Word文書から変換できるので、誰でもDAISYを製作することができます。
特に、学校の先生が配付するプリントや、職場で配付する資料などを、DAISYに変換するために活用されて、印刷物を読むことに困難がある人たちの情報へのアクセスを良くしていくことが期待されます。

詳細は下記。
――――――――

DAISYコンソーシアム、日本障害者リハビリテーション協会、マイクロソフト電子書籍のバリアフリー化に向けた取り組みで協力

~広く利用されている電子書籍フォーマットのMicrosoft(R) Word向け作成ツールを無償提供 ~

 DAISYコンソーシアム(本部:スイス、会長:河村宏)、財団法人日本障害者リハビリテーション協会(本部:東京都新宿区、会長:金田一郎、以下日本障害者リハビリテーション協会)およびマイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役社長:樋口泰行、以下マイクロソフト)は、電子書籍のバリアフリー化への取り組みで協力し、多くの電子書籍や学習教材に採用されているファイルフォーマット「DAISY」(デイジー)形式(注1)の文書を、Microsoft(R) Word(以下Word)で作成できるWordのアドインソフトウェア日本語版の無償提供を4月6日から開始しました。

 2010年は「国民読書年」であり、国内外において電子書籍・電子出版に関する動きが活発になっていますが、文書が適切なフォーマットで電子化されることにより、紙媒体の活字図書の読書が難しい方のバリアが軽減されます。DAISYコンソーシアム、日本障害者リハビリテーション協会およびマイクロソフトは協力して、多くの方が電子媒体による書籍や教材の利点を享受でき、学習や趣味に役立てられるよう取り組みを推進していきます。

 「DAISY」フォーマットで作られた文書は、文章を音声で読み上げたり、読まれている文章をハイライト表示させることができたり、世界中で視覚障碍(しょうがい)や読字障碍のある子どもの学習にも広く利用されています。しかしこれまでは「DAISY」フォーマットの文書を作成するためには専門の知識が必要で、専用の編集ソフトウェアを使用する必要がありました。今回無償提供を開始したアドインソフトウェア「DAISY Translator」(注2)をWordにインストールすることにより、専門知識を必要とせずに、飛躍的に短い作成時間で「DAISY」の文書を作成することができるようになります。このアドインソフトウェアは日本障害者リハビリテーション協会のWebサイト(http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/software/ 外部サイトへリンク)から無償でダウ ンロードすることができます。

 これにより、特に視覚障碍や読字障碍のある子どもの教育の現場において、「DAISY」フォーマットの学習教材が容易に作成され、授業や家庭での学習に役立てられることを想定しています。また、今後広く電子書籍が普及する際に、容易に電子書籍を作成するツールとして広く利用されることも想定しています。

 DAISYコンソーシアム、日本障害者リハビリテーション協会およびマイクロソフトは、このアドインソフトウェアを使っての「DAISY」の学習教材作成の講習会などの普及活動も、協力して行っていきます。

 今回の取り組みについて、以下のとおりエンドースコメントをいただいています。(順不同)

* 国立国会図書館長 長尾 真 様

「国立国会図書館では所蔵図書の電子化を進めており、全ての国民の知る権利が
保障される読書のバリアフリー化を重要視しております。DAISYは国際的に開発
と普及が進められているアクセシブルな情報フォーマットであり、今回の取り組
みにより、多くの方の読書や学習の環境が改善されることを歓迎します。」

* 日本電子出版協会 会長 関戸 雅男 様 (研究社 代表取締役社長)

「日本電子出版協会(JEPA)はWordのアドインソフトウェア「DAISY Translator」
の提供など今回の取り組みを歓迎します。現在JEPAでは、米国の電子書籍標準化
団体IDPFと共に、世界標準となりつつある EPUBの日本語要求仕様案を策定中で
す。EPUBとDAISYは密接な関係にあり、今後、縦書き、ルビなどのDAISYへの実装
も視野に入れ、アジアの国々とも連携して標準化を推進しています。」

* ISO/IEC JTC1 SC34/WG4(Office Open XML) 委員長 村田 真 様

「DAISY Translatorの中心となるのは、国際規格ISO/IEC 29500(Office Open
XML)に規定された適合性クラスTransitionalからDAISYへの変換です。DAISY自体
も、ANSI/NISO Z39.86 という規格になっています。DAISY Translator日本語版
を歓迎し、今後とも規格に準拠しつつ発展していくことを期待します。」

* 社会福祉法人プロップ・ステーション 理事長竹中 ナミ 様

「プロップ・ステーションは20年にわたり、ICTを駆使してチャレンジド(障碍
のある人)のスキルアップと就労を促進する活動を続けてきました。昨年より
は、DAISYの可能性に着目し、発達障碍のチャレンジド学生たちがDAISY図書製作
技術を学ぶセミナーの支援活動を行っています。多様な障碍像のチャレンジドた
ちの社会参画と就労促進のため、DAISYがますます活用されんことを心から願っ
ています。」

* シナノケンシ株式会社 代表取締役社長 金子 元昭 様

「シナノケンシは、1990年代のDAISYフォーマット策定段階から、DAISY対応機器
をプレクストークのブランド名で開発・商品化を続けており、障碍のある方への
読書環境の提供に努めてまいりました。当社は、今回のWordへのDAISY自動作成
機能の提供を歓迎します。これにより、DAISY フォーマットによるアクセシブル
な情報の制作が容易となるため、DAISY再生機等を用いてより多くの情報が広く
利用されることを期待します。」

*IDPF(International Digital Publishing Forum) 会長 ジョージ・カーシャー様

「日本語版のDAISY Translatorのリリースは素晴らしいことですね。近い将来このアド・オン・ソフトがEPUBも出力できるようになることを期待します。」
(原文)「Having Save as DAISY in Microsoft Word translated to Japanese is wonderful,” said George Kerscher, President of the IDPF. He went on to say, “I look forward to having EPUB as an output option in future versions of this add-on.」

注1:
DAISYフォーマット : DAISYコンソーシアムが策定するアクセシブルな電子書籍
フォーマット。視覚障碍者や読字障碍者でも読書が可能なように、文章を音声で
読み上げたり、読まれている文章のハイライト表示が可能。米国や欧米の多くの
国で障碍者向け電子教科書や電子書籍のフォーマットとして採用されている。米
国の標準規格 ANSI/NISO Z39.86-2005として無償で公開されている。

注2:
DAISY Translator : Microsoft Wordのアドインソフトウェア。インストールす
ることにより、DAISY形式のファイルがWordで作成可能になる。オープンソース
ソフトウェアで、日本障害者リハビリテーション協会のWebサイトから無償でダ
ウンロードが可能。Word 2007、2003、XPに対応。

DAISYコンソーシアムのWebサイト(英語): http://www.daisy.org/

日本障害者リハビリテーション協会 DAISY研究センターのWebサイト http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/

マイクロソフト アクセシビリティのWebサイト :http://www.microsoft.com/japan/enable/default.mspx

-----

関連報道一覧

オンラインニュース
1) MSN産経ニュース - 2010/04/06(SankeiBizにも転載記事あり)
MS、「ワード」で読み上げの編集をやりやすく
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100406/biz1004061339010-n1.htm

2) ITpro - 2010/04/06(Nikkei.BPnetにも転載記事あり)
マイクロソフト、Wordで電子書籍ファイルを作成するアドインソフトを無償提供
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100406/346740/

3) NIKKEI NET - 2010/04/07(ITproの転載記事)
マイクロソフト、Wordで電子書籍ファイルを作成するアドインソフトを無償提供
http://www.nikkei.com/tech/business/article/g=96958A90889DE2E7E0EBE1E7E7E2E2E4E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E7EBEB

4) 毎日.jp - 2010/04/06
ユニバ・リポート:《電子書籍バリアフリー》ワードでDAISYブックが作れるツールを無償提供開始…
http://mainichi.jp/photo/news/20100406mog00m040060000c.html

5) ITmedia - 2010/04/06  
電子書籍をバリアフリーに Word用「DAISY」文書作成アドイン  
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/06/news046.html

6) ITmedia - 2010/04/06
EPUBと協調展開する「DAISY」:進む電子書籍化、「忘れられていた」バリアフリーの取り組み
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1004/06/news063.html

7) PC Watch - 2010/04/06
マイクロソフトら、電子書籍のバリアフリー化に向けたツールを提供
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100406_359373.html

8) INTERNET Watch - 2010/04/06
マイクロソフト、電子書籍バリアフリー化に向けWord用アドイン無償公開
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100406_359377.html

9) CNET Japan - 2010/04/06(ZDNet Japanにも転載記事あり)
マイクロソフト、電子書籍のバリアフリー化進めるWordプラグインを公開
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20411689,00.htm

10) マイコミジャーナル- 2010/04/06
学習現場に電子書籍のバリアフリー化を - マイクロソフトらが取り組み発表
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/06/061/?rt=na

11) 窓の杜- 2010/04/06
MSなど、「Word」で障害者向け規格“DAISY”形式の電子書籍を作成できるアドイン 文章の読み上げや読まれている文章をハイライト表示できる“DAISY”文書を作成
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100406_359422.html

12) BCNランキング- 2010/04/06
マイクロソフトほか、電子書籍のバリアフリー化で協力、DAISYフォーマットで
http://bcnranking.jp/news/1004/100406_16823.html

13) asahi.com - 2010/04/06(BCNランキングの転載記事)
マイクロソフトほか、電子書籍のバリアフリー化で協力、DAISYフォーマットで
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201004060012.html

14) SankeiBiz - 2010/04/07
MS、電子書籍をバリアフリー化 デイジー対応で手間いらず
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100407/bsb1004070504005-n1.htm

新聞
1) フジサンケイビジネスアイ- 2010/04/7
MS 電子書籍をバリアフリー化
デイジー対応で手間いらず

2) 電波新聞 - 2010/04/07
マイクロソフト 電子書籍のバリアフリー化
DAISY、障害者リハビリ協と協力
ワードでDAISY文書作成 
アドインソフト提供

Wire: 1
1) 共同通信 - 2010/04/06
障害者向けに文字を音声化 電子書籍の変換ソフト提供
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010040601000837.html
(地方紙Web18件:秋田魁新報、山陽、岩手日報、河北新報、山梨日日、東京、中日、下野、静岡、神戸、西日本、富山、山陰中央新報、京都、東奥日報、北國、徳島、四国)