新規コメントの追加

12月5日DAISY講習

神戸市勤労会館の会議室には、青年7人が参加しました。マルチメディアDAISY図書製作には細かい作業がつきもので、一人ひとりの特徴をつかんで一つ一つ問題をクリアにする練習が必要ですが、青年達は根気強く学んでいます。ATDOも教え方を工夫しながら、おつきあいしていきたいと思います。

河村さん教える

自立を目的としたプロジェクトなので、これから何を製作していくのかという話では、ニーズのある仕事、他人の役に立つ仕事だとモチベーションがあがるという意見がでました。既に仲間意識が芽生えている青年たちには、チームワークが重視されるマルチメディアDAISY図書製作が向いているかもしれません。仕事の完成度を高めるために、これからも皆で顔を突き合わせて相談しながら作業を進めていきたいです。

意見交換

共同でプロジェクトを進めている兵庫県LD親の会たつの子もこのパソコン講習の波及効果を楽しんでくれているようです。「これまで自分で手をあげて質問することなんてなかった子が、手をあげて質問をした。」とか「いままで父と子でやり取りがほとんどなかった家族で、どうしようもなくなって、子供が父にパソコンの質問をして、交流が始まった。父親も少し関心がでてきたようだ。」とか「今まで、たつのこの会にほとんど出てこなかったお母さんが、デイジーの件でサポートしようと、講習会に出てきた。」という話もあがってきました。

あなたの意見は?

これからが楽しみです。