新規コメントの追加

イベント「ディスレクシアの子どもたちへの読みの支援‐DAISYを使ってみよう」

イベントのご案内
「ディスレクシアの子どもたちへの読みの支援‐DAISYを使ってみよう」

日時: 2008年11月1日(土)10時00分~17時00分まで
主催: (財)日本障害者リハビリテーション協会
協力: NPO法人エッジ・(社)日本国際児童図書評議会・ゲートシティ大崎
助成: 独立行政法人 福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」
参加費:無料
会場: ゲートシティホール ゲートシティ大崎 地下1階(品川区大崎)
*JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線「大崎駅」
 下車、南口改札(新東口)より徒歩約1分
 東急バス(渋41)「大崎駅」下車
http://www.gatecity.jp/access/index.html

【講演会】
■開会の挨拶
■基調講演 
 DAISYを利用したディスレクシア支援 
 河村宏(国立身体障害者リハビリテーションセンター特別研究員)
■ディスレクシアを知ったときの驚き・親の立場から
 末盛千枝子(日本国際児童図書評議会副会長)
■ディスレクシアに対する支援-当事者の立場から 
 藤堂高直(建築家)
■ワークショップ報告ビデオ上映
  --昼食--
■ディスレクシアとマルチメディアDAISY
 -当事者そして教育者の立場から  
 神山忠(岐阜県立関特別支援学校 教諭)
■ディスレクシアへのDAISYの有効性-発表1 
  山中加奈(兵庫県LD親の会 たつの子 副代表)
■ディスレクシアへのDAISYの有効性-発表2   
  田中和美(公立中学校特別支援コーディネーター)
  --休憩--
■意見交換会「DAISY図書はどうやったら手に入るのか?」
 指定討論者:
 井上芳郎(LD親の会・公立高校教諭)
 樋口一宗(文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課 
特別 支援教育調査官 発達障害教育担当)
  --閉会--
(発表者、順序等は予告なく変更になる場合もあります)

★同時開催★
●DAISYワークショップのビデオ上映、作品展示
ディスレクシアの子どもたちにDAISYの楽しさを知ってもらうワークショップを
事前に開催し、その様子を撮影したビデオを上映。同時に子どもたちが
自由に描いた絵とDAISY化した作品の展示を行います。

●DAISY体験・相談コーナー
実際にDAISY図書を体験したり、ディスレクシア児を対象とした教材や
図書作成について相談にのるコーナーを設けます。

●DAISYに関わる機器展示
ハードウェア、ソフトウェアの展示

●ディスレクシアの画家マッケンジー・ソープ氏絵画展
ご自身がディスレクシア(文字の読み書きが困難な症状)でありながらも
成功した画家マッケンジー・ソープさんの絵画展を開催します。

*パソコン要約筆記あり。手話通訳・点字資料・磁気ループが必要な方は
申込みの際にご記入ください。