朝日新聞掲載「デジタル化は教科書優先で」

5月31日の朝日新聞朝刊「声」に掲載された記事です。

デジタル化は教科書優先で
福祉団体役員  河村 宏 (東京都調布市 62)

 予算約126億円がついた国立国会図書館のデジタル化を本紙社説が支持した(25日朝刊)。適切な形式のデジタル図書は多くの障害者や高齢者に優しい。発達・学習障害などで「読める」教科書がない子どもたちも国内に多数おり、デジタル化には教科書整備を優先すべきではないだろうか。

 私も携わる日米欧豪の非営利団体はデジタル録音図書の国際標準規格「DAISY(デイジー)」を開発、無償提供し図書のデジタル化を進めてきた。デイジー図書は文章に音声・画像がつき、検索が容易で、視聴覚障害のみならず発達・学習障害児を含む人々が自力で読める。

 日本では視覚障害児のために拡大教科書は予算化されているが、発達・学習障害児にも有効なデイジー版教科書はボランティア頼りで、供給が足りていない。

 教科書のデイジー化は昨年の著作権法改正で認められ、国会図書館がデイジー版教科書を提供するための法的環境は整った。「読める」教科書のない子どもたちや高齢者の存在に心を配った蔵書のデジタル化を切に望む。

平成20年度障害者自立支援プ ロジェクト総括会議の報告 その6

「ノルウェーのディスレクシア団体の活動」
兵庫県LD親の会「たつの子」副代表、山中香奈、山中兄弟
支援技術開発機構 濱田麻邑

以下抜粋文:
22~26日の視察では、ディスレクシア協会、NLB、ヒューズビー・リソースセンター、ディスレクシアのDAISYユーザーとの交流として、高校生の女の子と実際に交流をはかりました。

平成20年度障害者自立支援プ ロジェクト総括会議の報告 その5

「インクルーシブな著作権元年に向けて」
障害者放送協議会著作権委員会委員長、 井上芳郎

私は、「全国LD親の会」の立場で、この障害者放送協議会著作権委員会に参加しています。

去る3月10日に、著作権法の一部を改正する法律案が閣議決定され、今、衆議院にあがっています。ただ、残念ながら、まだ審議入りはしていません。

配布資料では2010年1月1日の施行「目標」とありますが、「予定」と直してください。本国会で100%可決成立すると多くの人は信じています。詳しくは、このURLで新旧対照表、改正前、改正後を見ることができます。Googleでも検索すれば、引っかかってくると思います。

著作権法は、なじみがあるようで、ない法律です。権利制限による情報保障ですが、これは誰の権利を制限するのか。著作者の権利を制限します。例えば、複製(コピー)を、著作者に無断ではできませんが、障害のある人などが利用するために、例外的にそういう規定が設けられています。また、公共図書館や学校教育等でも、認められています。ただ、日本の場合、この規定の幅が非常に狭く厳しく作ってあり、諸外国に比べて範囲が狭くなっています。

平成20年度障害者自立支援プ ロジェクト総括会議の報告 その4

「スウェーデンにおける子どもの『読み』の支援」
日本障害者リハビリテーション協会情報センター長、野村美佐子

私は、2009年1月、河村さんと一緒にスウェーデンでは子どもたちにDAISYを利用してどのような読みの支援をしているのかを中心に調査をしてきましたのでその報告をさせていただきます。

スウェーデンでは、1973年には既に著作権法を改正して、視覚障害者以外の人に録音図書を提供しようという動きがありました。どういう人たちが対象かというと、最近よく耳にするプリントディスアビリティ(print disability)をもつ人達です。具体的には、プリントディスアビリティというのは日本語で印刷物あるいは印刷字を読みない障害と訳し、上肢障害のためにページをめくれない人、学習障害、知的障害、精神障害など見えるけれども読めない人達をさしております。

平成20年度障害者自立支援プ ロジェクト総括会議の報告 その3

基調講演2
「誰もが読めるように:支援技術とユニバーサルデザイン」
静岡県立大学国際関係学部教授、石川 准

以下抜粋文:
ユニバーサルデザインと支援技術という観点から、誰もが自由に読みたい本を読みたいときに読めるようにしていくというビジョンやミッションを山内先生、河村さんと共有し、一緒に仕事をしています。

読みたいときに読みたい本をタイムラグがなく自分で自由に選択できることを実現するにはどうしたらいいかと、ずっとやってきました。また、「読む」と言っても、自分にとって読みやすいメディアや形式で本を読むことも追及しないといけません。私の場合について言いますと、仕事のための読書は、これまでもっぱら、少なくともここ10年ぐらいはOCRを使って読んできました。光学的文字認識という技術で、スキャナで画像を取り込んで、文字認識ソフトでテキスト化して、パソコンで読む。パソコンでは、テキストデータを音声合成機能を持った画面を読上げるソフトで読ませています。メリットは、読みたい本をほぼタイムラグなしに読めるということです。

平成20年度障害者自立支援プ ロジェクト総括会議の報告 その2

基調講演その1
兵庫県LD親の会「たつの子」代表:高妻富子「ひとりひとりのニーズに応じた支援」

「たつの子」はLD・ADHD、高機能自閉症、アスペルガー症候群など発達に障害を持つ子供のために幼児期から青年期の各ライフステージに沿った継続的な支援体制を整えることを目的として様々な活動を行っていますが、デイジー版教科書を来年度も使いたいという声が32名からすでにあがっているそうです。

デイジー版教科書を2008年から子供たちに提供した感想がありました。宿題の中でも一番に音読に取り組むようになり、今まで間違って覚えていた言葉が正しくなったことや家庭でDAISYを使い暗唱できるようになったこと、文章を目で追いながら聞くことにより内容が理解しやすくなったという話や今まではテストで文章を読まずにトンチンカンな答えを書いたり、空白のままだったのがDAISYの使用で聴覚から聞き文章の内容理解の手助けになり、空白のないテストを持ち帰るようになった話がありました。

読みに困難があると何を問われているのかもわからずテストで点をとることが難しくなること、勉強へのやる気や意欲を失い自己評価が下がる傾向にある子供たちに学ぶことの楽しさや喜びを得てほしいということから、デイジー版教科書の無償提供を訴えていました。

平成20年度障害者自立支援プ ロジェクト総括会議の報告 その1

「読む」ことは「学ぶ」こと-「読み」に困難のある人々の就学前から就労までの地域における支援を考えるという標題で3月29日、神戸でシンポジウムが開催されました。100名程度の参加でした。

神戸臨床情報センター研修室で午後1時、支援技術開発機構理事長の山内 繁先生ご挨拶から始まりました。
「2006年12月に国連が障害者権利条約を採択し、国内でも批准に向けての国内法の整備が進む中、著作権法の見直しも文化庁でなされているという重要な時期にさしかかっている今、会場の皆さんとの熱心な討論を期待しています」という趣旨の挨拶でした。

続いて、全国視覚障害者情報提供施設協議会の岩井和彦会長からの挨拶では、視覚障害者以外に文字情報の入手に困難を極めている人が多くいることを大きな問題とし、文字による情報がもっともっと改善されて情報アクセシビリティが保障されるべきだろうという議論を協議会内部でもしていること、サービス対象者の拡大や情報提供施設団体の拡大を文化庁や日本JPに要望していることや具体的な実務の詰めを行っていることなどをご挨拶くださいました。情報アクセシビリティをより拡大し、質の維持も担保できるように一緒に頑張りましょうという内容でした。

次回につづく・・・
IH

シンポジウム 「読む」ことは「学ぶ」こと

シンポジウム 「読む」ことは「学ぶ」こと
「読み」に困難がある人々の就学前から就労までの地域における支援を考える

(厚生労働省自立支援調査研究プロジェクト助成事業)

日時:2009年3月29日(日)午後1時―5時20分 
場所:神戸臨床研究情報センター第1研修室(神戸ポートライナー「先端医療センター前」駅下車すぐ)

PC要約筆記・手話通訳・磁気ループによる情報支援を行います。

主催: 特定非営利活動法人 支援技術開発機構
後援 : 兵庫県LD親の会「たつの子」
     兵庫県教育委員会 (予定)
     (財)日本障害者リハビリテーション協会
(福)日本ライトハウス盲人情報文化センター
(福)浦河べてるの家
(特活)全国視覚障害者情報提供施設協会
日本デイジーコンソーシアム

DAISY図書のオンライン販売

マルチメディアDAISY図書として、「赤いハイヒール」というスウェーデンの本が出版されています。
出版元は財)日本障害者リハビリテーション協会です。思春期の知的障害者の問題をテーマにしてますが、
どこの国でも同じだなと感じるほのぼのとした良い本です。
DAISY図書ですから、それこそ誰にでも読みやすい図書です。

ご参考までにURLを載せておきます。是非読んでみてください。
http://www.bk1.jp/product/02696907

浦河

2月19日(火)に北海道浦河町で行われた地域防災フォーラムに参加してきました。浦河町は北海道の湘南といわれながらも有数の地震多発地帯です。ATDOでは数年前から浦河町民の防災意識を学び、DAISYを使って、防災意識を高めるための調査活動を行ってきました。そして、活動を引きついでいる浦河べてるの家が主催するフォーラムが開催されたわけです。このフォーラム開催の裏ではこれまで数年間に及び構築された人脈がそれぞれの持ち場を蔭ながら支えており、調査活動の成果が着実に実っていることを感じました。

まず、開会挨拶は浦河べてるの家理事長である佐々木氏から、基調講演は海底地震の専門家で地球物理学者の島村英紀先生からありました。第二部では、地震対策には強いが津波対策に弱い浦河町東町第5自治会とべてるの家総勢20名程で津波対策に強い徳島県美波町を視察した時の報告がありました。

ページ

支援技術開発機構 RSS を購読