大阪府支援教育研究会ICT活用プロジェクト夏期講座

8月16日、大阪府支援教育研究会ICT活用プロジェクト夏期講座で、DAISY再生・製作の講習の機会をいただきました。
AMISを使った再生、Save as DAISYでWordからDAISYを作り、Tobiで自分の声を録音するところまでしました。
毎年恒例のお盆の研修会とのこと。
大阪の先生たちのパワーはすごいです。

M.H.

講演会:DO-IT Japan 2011「障害のある児童生徒・学生の受験における光と影」

講演会の情報提供です。

DO-IT Japan 2011 夏季プログラム公開企画
「障害のある児童生徒・学生の受験における光と影」
~入試や大学での支援の最新情報と体験者の生の声から考える~

DO-IT Japanには,大学入学を目指す,様々な障害のある高校生や
障害により読み書きに困難のある小学生が参加しています。

障害のある児童生徒・学生が高校や大学への進学を目指す際,どのような配慮が
必要でしょうか?また,大学入試では実際にはどのような配慮が受けられ,
その配慮の申請手続きはどんなものなのでしょうか?さらに今後,将来的には
どのような配慮が行われるようになると予測できるでしょうか?

高校や大学での配慮の現状と,障害のある大学生たちの受験の実体験を通じて,
今年も彼らの「受験」を取りまく現状と未来について議論します。

Accessible Publishing Best Practice Guidelines for Publishers

WIPOの作業部会が発表した出版者向けのガイドラインが発表されました。
国連障害者権利条約の実行のためにデイジーコンソーシアムが研究した内容等も盛り込まれています。

http://www.editeur.org/files/Collaborations/Accessibility/WIPO.html

ITUの災害時のテレコムに関するアジア太平洋地域会議(モンゴル)

2011年7月8日から11日に、
ITU(国際電気通信連合)の災害時のテレコミュニケーションに関するアジア太平洋地域の会議が、モンゴルで開催されます。河村副理事長が「過酷な災害時に、災害情報が正しい安全行動を促すための前提条件」について講演をする予定です。
http://www.itu.int/ITU-D/asp/CMS/Events/2011/disastercomm/index.asp

音声付きのEPUB3コンテンツ

音声が入って、読みあげているセンテンスをハイライトで見られる、EPUB3のMedia Overlayのサンプルが、EPUB EGLSのメンバーにより試作されました。Webkit Nightly Buildで見られます。
http://bit.ly/jJ59X2
プレーヤーは完成版ではありませんので、環境によっては上手く動かないかもしれません。あくまでデモ用です。

M.H.

音ボラネット総会 マルチメディアDAISY分科会 高校生の教科書

6月7日 全国音訳ボランティアネットワーク(音ボラネット)の総会の2日目に、3つの分科会の一つでマルチメディアDAISYの分科会が開催された。参加者は100人ほどであった。
ATDO濱田が、マルチメディアDAISYのデモをして、活用事例を紹介した。
そのあと、小学生のDAISYユーザーの保護者で調布デイジー会長の牧野さんが活用事例を報告した。紙の本を音読しているときのビデオと、DAISYを活用して音読しているときのビデオが再生され、ディスレクシアの子どもにとって、DAISYで読書をすることで大きな違いがあることが分かりやすく伝わった。
その後、伊藤忠財団のマルチメディアDAISYプロジェクトに音ボラネットから参加した南部さんが、マルチメディアDAISYの製作に録音という形で参加した経験を紹介した。
最後に、高校生のディスレクシアの青年の保護者からの報告があった。中学まではDAISY教科書を使ってどうにか学校に通っていた青年が、高校になってDAISY教科書の提供を受けられず、大変な思いをしている現状が語られた。
青年が親に託した手紙には次のようにあった。
「僕わ勉強ができません。
みんなに努力がたりないといわれます。
でも、ノートを何さつ、何さつ書いてもおぼえられません。

東日本大震災に関わる情報

日本デイジーコンソーシアムでは、東日本大震災に関わる重要な様々な情報をマルティメディアDAISY形式で提供する活動を行っております。ATDOも会員として、活動に参加しております。

以下のホームページよりダウンロード、ご活用ください。

マルチメディアDAISY(デイジー)で東日本大震災に関わる情報を / 日本デイジーコンソーシアム
東日本大震災に関する情報 / MSN

兵庫県LD親の会たつの子のDAISYグループ定例会に参加

兵庫県LD親の会たつの子のDAISYグループの、月一度の例会に参加しました。4人の青年と6人の親が参加して、製作の疑問点の解決等を行いました。

たつの子DAISYグループでは、現在は、学習障害の高校生のために、教科書をマルチメディアDAISY化しており、物理と数学の教科書を手分けして製作しています。
優先度の高い国語と社会の教科書のPDFデータは、文科省からまだ届かないため、製作が始められません。

今後は、現在DAISYの製作に携わっていない、たつの子メンバーの青年で、パソコンが好きな人たちも、定例会に参加できるようにして、テキスト入力や画像処理など、パソコンの操作を学びながら、仲間と一緒に作業ができる場所として、新しいメンバーを増やすということで、青年も親も意見が一致しました。
今後の展開が楽しみです。

M.H.

モンゴルからの研修生

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業で、モンゴルから研修に来ているゴンチゴさんを、4月と5月の2ヶ月間、ATDOで、マルチメディアDAISYの研修で受け入れました。
モンゴルでは、障害のある生徒に、アクセシブルな教科書が提供されていないそうで、弱視のゴンチゴさんも、学生時代に大変苦労したそうです。その経験から、帰国後は、DAISYフォーマットの教科書を子どもたちに提供してあげたいそうです。

研修では、DAISYの各国での活用事例や、規格について、また、製作・再生技術の実技研修を行いました。
「放射線被ばくに関する基礎知識」のDAISY版の製作をいくつか担当し、成果物は日本DAISYコンソーシアムの下記ウェブサイトにアップされています。
http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/jdc/index.html

モンゴルでは、まだモンゴル語のTTS(合成音声)がない等、解決するべき課題もたくさんあるようですが、これからが楽しみです。

参考:ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業http://www.jsrpd.jp/index.php?q=node/2

M.H.

オリンパスのDAISYプレーヤー機能搭載ICレコーダーDM-4 バージョンアップ

オリンパスのボイストレックDM-4は、ICレコーダーの基本性能に加えて、DAISY図書の再生が可能です。また、操作メニューを音声でお知らせしてくれる音声ガイド付きです。

以下転載。
--------
オリンパスイメージング株式会社 DAISYプレーヤー機能搭載ICレコーダーDM-4の最新ファームウエア, バージョン1.20をリリース致しましたので、
ご案内させていただきます。

概要-
本アップデートソフトは、DM-4 のファームウエアをアップデートするためのものです。
ファームウェアを最新の「Ver1.20」にアップデートできます。

対象-
オリンパスボイストレック DM-4

対象のファームウェアバージョン-
Ver: 1.00/1.01/1.10

ページ

支援技術開発機構 RSS を購読