講演会 「理数系をはじめとするデジタル教科書のアクセシビリティをめぐる諸問題」

講演会
「理数系をはじめとするデジタル教科書のアクセシビリティをめぐる諸問題」

開催日時:平成26年2月9日(日)13:30~17:00
会 場:東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター(東京,三田)
2階 多目的室3
http://www.cictokyo.jp/access.html
参加費:不要

第 7 回発達性ディスレクシア研究会研修会

第7回発達性ディスレクシア研究会研修会のご案内
日 時: 2014年2月9日(日) 9:00~16:20
会 場: 大阪医科大学 新講義実習棟101号室
   JR高槻駅 南口より徒歩10分
  阪急京都線 高槻市駅より徒歩5分
対 象: 指導に携わる教員・指導者・学生(定員:100名)
参加費: 一般 6000円  発達性ディスレクシア研究会会員 3000円、学生2000円
 
 9:10~10:30 定義と症状 (筑波大学 宇野 彰 先生)
10:40~12:00 原因と出現頻度 (鳥取大学 関 あゆみ 先生)
13:00~14:40 評価と指導法の概略 (大阪医科大学LDセンター 奥村智人 先生)
14:50~16:10 ディスレクシア児童生徒にとっての合理的配慮とはなにか(教育ジャーナリスト 品川 祐香 先生)
 
申し込みはこちらから
http://square.umin.ac.jp/dyslexia/recruit.html
 

シンポジウム「デイジー 教科書の現状、課題、そして将来に向けて」

趣旨:
日本障害者リハビリテーション協会は、2008年より読むことに困難がある児童生徒を対象に、デイジー(DAISY:Digital Accessible Information SYstem)を活用して、マルチメディアデイジー製作団体のネットワークの連携を図りながら、マルチメディアデイジー形式の教科書・図書を製作・提供を行っている。
本シンポジウムにおいては、25年度のデイジー教科書製作・提供事業について現在までの報告を行うとともに参加者と共にグループディスカッションを行い、さらに普及を進める機会とする。

Zero ProjectでDAISY版避難マニュアルが紹介されました

ATDOがべてるの家と製作したDAISY版避難マニュアルが、障害者権利条約の実施推進を目的とするZero Projectの2014年度Innovative Practicesの一つに選ばれました。

Zero ProjectのHPでDAISY版避難マニュアルが紹介されています。

http://zeroproject.org/practice/evacuation-manual-in-daisy-multimedia-format/

Zero Projectについては、DINFに日本語で紹介されています。


http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/rights/rightafter/zeroproject2013.html

(M.S.)

Pipeline2 と Obi のバージョンアップ

DAISYコンソーシアムの無償でオープンソースのソフトウェアの新しいバージョンがリリースされました。

DAISYからEPUB3への変換等が可能な、Pipeline2 バージョン1.7
http://www.daisy.org/pipeline2/blog

音声DAISY製作ツールObiのバージョン3
ユーザーから要望の高かった、音声波形の拡大や、プロジェクトの結合等の新しい機能が追加されました。
http://www.daisy.org/obi/release-notes

M.H.

国連「人権デー2013」 DAISYをもっと多くの障害者のもとへ 

今年の人権デー「12月10日」に際し、国連広報センターよりインタビューを受けた当法人副理事長の河村宏氏の記事が国際連合広報センターのwebサイトで紹介されました。

第5回:日本のICT(情報技術)での貢献‐DAISY
DAISYをもっと多くの障害者のもとへ

http://www.unic.or.jp/activities/humanrights/hr_day_2013/kawamura/

インドの防災ワークショップで浦河での事例報告

インドのニューデリーで、12月7日から9日に開催された、NAPSIPAG (Network of Asia Pacific Schools and Institutes of Public Administration and Governance)の防災の会議「Locked in Growth Patterns: Revisiting Land, Water and Disaster for the post 2015 Development Agenda」で、浦河べてるの家での、DAISY版防災マニュアルを活用した、精神障害者の防災活動の好事例を発表しました。

EasyReaderExpressの既知の問題と回避方法

EasyReaderExpressの既知の問題と回避方法

*2015年8月リリースのEasyReader Express バージョン6.06 113で問題は解決されました。
それ以後に付加されたものについては、問題は発生しません。

問題)パス名に日本語の文字が含まれると、EasyReaderExpressを起動できない。
回避策)パス名に日本語の文字が含まれない場所に置いて起動する。

*その他
EasyReaderExpressの問題ではありませんが、「解凍レンジ Version 1.41」でEasyReaderExpressが付加された図書のzipを解凍した場合に、ncc.htmlの改行コードが変わってしまって再生できない図書がありました。そのような場合は、Windowsのzipの解凍機能またはLhaplus等でzipを展開すると再生できます。

M.H.

Dolphin Publisherの既知の問題と回避方法 (2016年6月更新)

Dolphin Publisherの既知の問題と回避方法

Dolphin Publisherは、英語のソフトを日本語化していることもあり、日本語環境で使うにあたって、いくつか既知の問題があります。問題は開発元であるDolphin社に報告しており、一つ一つ改善はされていますが、すべて修正されているわけではありません。
一 方、マルチメディアのDAISY図書のテキストと音声をDolphin Publisherほど自由に編集できるツールは現状では他にありません。編集中のファイルがDAISYフォーマットであるため、途中で他のツールで開いたり、ソースを開いたりすることもできますし、完成後にテキストや音声の一部のみを修正することも自由にできます。
現状では、問題を回避しながらDolphinPublisherを上手く活用するのが、効率よい製作方法のひとつとなっています。

Dolphin Publisher3.5の既知の問題とその回避方法は次の通りです。

問題1)
HTML編集画面で、tableタグ内のテキストを選択してセンテンスを作成すると、HTMLファイルが壊れる場合がある。

ページ

支援技術開発機構 RSS を購読