ダスキン研修

DAISY研修を受けていたラオスからの研修生のATDOでの研修が終了しました。

DAISYの製作・再生研修を終えて、本人は始めは研修に対して不安が大きかったが研修が進むにつれて内容理解も深まり、早くラオスにいる他の人たちに伝えたいと話しておりす。

G.M

第3回国連防災世界会議  障害関連記事

第3回国連防災世界会議の、障害に言及された記事等のリンクです。

Margareta氏の閉会の辞で障害につい ての言及があります(ビデオ開始より28分頃)
http://webtv.un.org/watch/9th-plenary-meeting-and-closure-of-the-third-world-conference-on-disaster-risk-reduction-sendai-japan-2015/4119375805001

障がいのある人たちの自立とこれからを考える 成人ディスレクシアからのメッセージ

講演会のお知らせ
「障がいのある人たちの自立とこれからを考える
成人ディスレクシアからのメッセージ~あなたに知ってほしいこと~」

2015年2月28日
講師:井上智・井上賞子

ダスキン研修

ダスキン研修が始まりました!
今年はラオスからの研修生が来ています。
ラオスの医療リハビリテーションセンターで視覚障碍者の英語、音楽、位置確認や移動を教える先生をしている、チゴンさんです。
生徒の教科書をDAISYにしたいと、熱心に研修に取り組んでいます。

G.M.

研究集会 「科学情報の電子化・自動処理,およびそのアクセシビリティ」 および 講習会

講演会のお知らせです。

研究集会「科学情報の電子化・自動処理,およびそのアクセシビリティ」および 講習会「マルチメディアDAISYコンテンツ制作システムChattyInfty3」
研究集会・講習会ホームページ:
http://www.sciaccess.net/jp/workshops/

開催日:平成27年2月7日(土),8日(日)
会場:日本大学理工学部駿河台校舎5号館2階(東京,お茶の水)
http://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/surugadai.html
参加費:不要
※参加申し込み方法やプログラムなど,詳しくは上記のホームページをご覧ください。

世話人:山口 雄仁(日本大学短期大学部)
鈴木 昌和(九州先端科学技術研究所,NPOサイエンス・アクセシビリティ・ネット)

M.H.

国際セミナー「災害からの復旧に果たす図書館の役割」

日時:2015年2月11日(水)10:00~12:00
場所:日本図書館協会2階研修室
参加費:無料
講演(通訳付き):
1.Teresita C. Moran氏(図書館長,ファーイースタン大学,フィリピン;IFLAアジア・オセアニア地区常設委員会委員)
 「ハイヤン台風から学んだこと:フィリピン図書館の経験」
2.Premila Gamage博士(図書館員,政策研究所,スリランカ;IFLAアジア・オセアニア地区常設委員会インフォメーションコーディネータ・ウェブエディタ)
 「スリランカの津波で影響を受けた図書館の復旧努力」
3.河村 宏氏(DAISY Consortium前会長,NPO法人支援技術開発機構副理事長;IFLA LPD常設委員会委員)
 「インクルーシブな災害アーカイブの開発-人類の共有資産としての被災体験と災害知識の共有における図書館の役割」
共催:IFLAアジア・オセアニア地区常設委員会,日本図書館協会
申込・問合せ先:日本図書館協会事務局 国際交流事業委員会担当 e-mail:shuppan_at_jla.or.jp Fax 03-3523-0841

EasyReaderの既知の問題と回避方法

*以下の問題はDolphin社に報告済みです。

問題1)合成音声のドキュメントトーカーを使用した際に、ピッチを変えて再生すると、「エンピッチ」という音声が入ります。

回避策1)ドキュメントトーカーのピッチを通常値にすると、読み上げ音が入りません。

問題2)図書を最後まで読み、EasyReaderを終了した後、再度起動したときに、見出しのリストで見出しを選択できません。

回避策2)他の図書を開いてから、再度図書を開いてください。

問題3)ナビゲーションポイントタブで、ページ番号のチェックを外せば、DAISY2.02ではページ番号が再生時にスキップされるが、DAISY3ではスキップされません。

M.H.

世界盲ろう者連盟事務局長の福田さんのニューヨークでの講演の記事(英語)

世界盲ろう者連盟事務局長の福田さんのニューヨークでの国連での講演の記事が次のリンク先に掲載されています。福田さんの発表においては、河村副理事長がパネルの進行役を務めました。
Advocate urges U.N. to tap disabled when prepping for disasters
http://www.japantimes.co.jp/news/2014/12/05/national/advocate-urges-u-n-to-tap-disabled-when-prepping-for-disasters/#.VJmS1P8N40

M.H.

EPUB 3がISO/IECからTechnical Specificationとして出版されました

このたび、EPUB 3はISO/IECからTechnical Specificationとして出版されました。正式名称はISO/IEC TS 30135です。ISO/IECから出版されたことにより、国際標準として教育などの公業務での採用が加速するものと予想されます。

詳しくは、以下より
http://info.jepa.or.jp/whatsnew/20141215

ATDOは、International Digital Publishing Forum(IDPF)およびDAISY Consortiumの会員です。

(R.M.)

第191回 都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナール

河村副理事長が講演をいたします。

___________

都市安全研究センター (RCUSS) オープンゼミナールは、広く社会に都市安全研究センターの活動を広く公開するとともに、関連する各分野の皆様からの報告を通じて、安全な社会としていくための研究や実践のあり方を議論しています。大学の教職員・学生のほか、安全・安心に関心を持つ市民の方々や、コンサルタントなどの民間企業の方々、自治体の消防・建築・地域関係の職員の皆様などが参加されています。

参加費は無料で、事前登録不要です。ご興味のある方は遠慮なくご参加ください。
開催概要

ページ

支援技術開発機構 RSS を購読